2月度例会「印象力を上げるプレゼンテーション」を開催します

2月度例会「印象力を上げるプレゼンテーション」~心を動かすプレゼンを指し示せ~ を開催します。

現在のビジネスの現場において、プレゼン力が必要なのは、直接的に商品やサービスを扱う営業職や
販売職だけでなく、会議・打ち合わせで企画を説明する等、相手が存在するすべての職種についても
同様です。そこで今回、ビジネススキルとして、「人の心を動かし、相手に行動を促す」プレゼン力
向上を図って頂きたく、プレゼン専門の講師をお呼びします。
是非とも、この例会を機に、資質向上を図ってください。

【日程】
平成27年2月25日(水)
【場所】
福井商工会議所ビル B1国際ホール
【プログラム】
開会 19:00~21:00(受付18:30より)
「“印象力”個を表現する力」
■研修(講演&グループワーク)
1.プレゼンテーション力は、人間力
2.見た目も重要
3.プレゼンテーションは、コミュニケーション
4.印象に残るプレゼンテーション
■特別講師:谷川 有希乃(たにかわ ゆきの)氏
tanikawa
フリーアナウンサー。福井テレビアナウンサー経験を経て、式典・イベントの司会ナレーションなどの
仕事を東京中心に全国で活躍。その後、2013年4月~拠点を福井に戻し「座・タイムリーふくい」の
メインキャスターに抜擢。2014年~もんじゅ事業評価委員にも任命され、ジャンルを問わずさまざまな
活動を福井にて展開している。

ご参加お待ち申し上げます。

1月度例会「ファシリテーション例会」を開催します

1月度例会「ファシリテーション例会」~皆の能力を引出しゴールへ導く力を指し示せ~ を開催します。

昨今のビジネス現場では、自分一人で完結する仕事は少なくありません。チームで知恵を出し合い協力し目標を達成するため、ぜひ身につけていくべき能力に「ファシリテーション」があります。今回は、組織を動かす私たちにとってファシリテーション力向上を図って頂きたく、プロファシリテーターの講師をお呼びします。是非ともこの例会を切欠に、資質向上を図りましょう。

【開催日時】平成27年1月28日(水)

【会場】福井商工会議所ビル B1国際ホール

【対象者】福井YEG会員

【プログラム】 開会19:00~(受付18:30~)~21:00

「ちがいを活かし、ゴールを生み出す」
■研修(講演&グループワーク)
1.場をデザインする
2.質問の使い分け
3.主張を明確にする
4.違いを知り、議論を整理する
5.言葉の奥にあるものを探る
■特別講師:冨永 良史 氏
発創デザイン研究室 代表/プロファシリテーター/ワークショップデザイナー
1971年 福井県生まれ
京都大学教育学部教育心理学科卒
大手設計事務所にて、経営企画、企画営業、新規事業開発コンサルティング会社に転職後、
ISOマネジメント、企業ブランディング 「思いを引き出す、紡ぐ、世界を動かす力に変える」を
コンセプトに企業、学校、官庁、市民、あらゆる対象に「創造と納得と動機が共存する対話」を
探求するワークショップを提供中。

多数のご参加をお待ち申し上げます。

定期総会/12月度例会を開催します

平成26年度12月定期総会/12月度例会が開催されます。

【対象者】
福井商工会議所青年部会員

【日時・場所】
平成26年12月17日(水) 19:00~(18:30受付開始)
福井商工会議所ビル地下国際ホールにて

【定期総会】
平成27年度福井商工会議所青年部役員選出(案)について
平成27年度福井商工会議所青年部基本方針(案)について

【12月度例会】~YEG会員30,498人と出会おう~
全国大会や近畿ブロック大会をはじめとする各種YEG大会への参加を促進する企画となっています。

多数のご参加をお願いします。
例会終了後の忘年懇親会もぜひご出席ください。

「福井YEG創立40周年記念事業」を開催します

福井YEG創立40周年記念事業を開催します。

<テーマ>
「先導力で結束!!~全総力で地域活性を担う全ての人々の願いをかたちに~」
<開催日・場所>
平成26年11月29日(土) 福井商工会議所 地下コンベンションホール、国際ホール

<全体プログラム>
13:00~14:00 受付
14:00~15:15 記念式典
15:30~16:30 記念フォーラム(基調講演)
16:45~18:15 記念フォーラム(パネルディスカッション)
18:30~20:30 記念祝賀会
20:30     閉会

<記念式典>
福井YEGが40周年を迎えるにあたり、これまでの歴史を振り返るとともに、
福井YEGの諸先輩方やこれまでのご協力やご支援を頂いた関係機関や関係団体、
関係された方々に対し敬意や謝意を伝えます。

<記念フォーラム>
地域活性化の根源には如何に多くの“ひと”を巻き込み、多くの“ひと”を育てることが重要です。
第1部の基調講演で講師の方に一つのツールをご紹介していただきます。
講師
株式会社オールアバウト 西村 俊彦 氏
オールアバウト社独自の「情報発信の重要性・手法」や同氏の人を巻き込むツールの
仕組みなどを盛込んだ内容で御講演頂きます。

第2部のパネルディスカッションでは福井YEGや色々なツールを持った方々と意見を交え、
参加された方々及び福井YEGが各活動の意義を再認識し、これからの活動に生かしていただくことを
目的とします。

<テーマ>
「先導力で結束」
<コーディネータ>
鳴尾 健 氏(まちかど放送局)
<パネリスト>
西村 俊彦 氏(株式会社オールアバウト 取締役 兼 編集長)【食】
佐野 達 氏(サウルコス福井 監督 兼 ゼネラルマネージャー)【スポーツ】
山下 善久 氏(インターナショナルクラブ 代表)【外国人とのコミュニケーション】
菊 祥行 氏(福井YEG会長)

<記念祝賀会>
福井YEG会員が創立40周年を迎えるにあたって、あじさい会、外部団体、
来賓の方々とともに喜びを分かち合います。

<記念誌>
過去40年間の福井YEGの歴史や過去の取り組みを記録。
福井YEGが「先導者」として活動し、地域と共に歩んだ歴史を知っていただきます。
福井YEGの今後の活動方針やその背景にある想いを伝えます。

10月度例会「ビジネス心理学を仕事に活かす」開催のご案内

【目的】
個性心理学およびビジネス心理学を用いて、ビジネスマンとしての大きなテーマである営業と人材育成にスポットをあて、特に実践の場で活用するための効果的な対人関係の構築方法を知り、顧客への接し方及び社員や部下を伸ばすスキルを習得する

【開催日時】
平成26年10月22日(水)19:00~21:00

【開催場所】
福井商工会議所 地下国際ホール

【事業対象者】
福井YEG会員

【事業内容】
①~知る~
・個性心理学を用いて自分を知り、相手を知り、分析する。
・分析結果から誉め方、伸ばし方、攻め方に方法が有ることを知る。

②~実践と習得~
・グループに分かれて、実際のロールプレイやゲームを織り交ぜながら、個性心理学とビジネス心理の使い方を習得する。

③~解説~
・個性心理学とビジネス心理学を知り、活用方法を学び、良い人間関係の作り方を学ぶ。

【講師ご紹介】
窪田憲人氏 現プルデンシャル生命保険株式会社 福井支社支社長
1967年福井県鯖江市生 46歳
野球一筋の鯖江中学校、武生高校を経て、東京農業大学へ進学、大学卒業後、セーレン㈱へ入社。
自動車内装材、営業開発の仕事に携わる。
25歳で起業を志している所、一度目のヘッドハンティングに会う。
自動車販売店の店舗経営を任せられ、年間250台を販売。
その後、31歳の時に、二度目のヘッドハンティング、プルデンシャル生命保険株式会社の仕事、
ミッションに共感し、1999年入社。
入社1年目で、年間250件のご契約をお預かりし、5年間の累計は約1,000件に上る。
その後、2004年に営業所長、2010年に金沢支社支社長に就任、2013年福井支社支社長、現在に至る。

9月度オープン例会「日本経営品質受賞企業に学ぶ経営革新」講演会開催のご案内

【開催日時】
平成26年9月24日(木)
19:00〜21:00

【開催場所】
福井商工会議所コンベンションホール

【対象者】
一般企業・市民
福井商工会議所青年部会員

【事業内容】
2012 年度日本経営品質賞 大規模部門受賞企業『福井県済生会病院』副院長登谷大修氏による講演と質疑応答
講演テーマ『患者さんの立場で考える~福井県済生会病院の経営』
◆事業所プロフィール
『受賞理由』
福井県済生会病院は、福井市にある総合医療機関で、「患者さんの立場で考える」の理念を、経営幹部が率先してビジネスパートナーにまで浸透を図っている。同時に、話し合える機会の場、働くことの原点や働き甲斐を大事にする仕組みづくりの結果、垣根を超えて専門職が一体となって治療計画を立てる「クリニカルパス」の高い実施率につながり、診療サービス標準化等の複合成果を生み、医療サービスの革新を実現。入院・外来双方の「病院満足度ポイント」で全国トップレベル水準を維持するとともに、従業員意識調査でも全国トップレベルの結果となっている。また、求められる地域連携の中核的役割を果たすために、現状に満足せず、新たな指標の開発や外部機関を活用した改善の仕組みを構築している。従業員満足を起点に患者満足を実現していく変革の推進は、医療業界を超えて、組織開発の範となる。
※日本経営品質賞とは
【卓越した企業品質をめざして、国際的な競争力を有する優秀な企業を表彰】
日本経営品質賞は、わが国企業が国際的に競争力のある経営構造へ質的転換をはかるため、顧客視点から経営全体を運営し、自己革新を通じて新しい価値を創出し続けることのできる「卓越した経営の仕組み」を有する企業の表彰を目的としています。(公財)日本生産性本部(旧 社会経済生産性本部)が1995年12月に創設した表彰制度で、2013年度までの18年間に213組織が申請し、34組織が受賞しています。
【世界80国以上の国や地域で支持された“マルコム・ボルドリッジ”国家品質賞に基づく経営品質向上プログラム】
日本経営品質賞は、80年代の米国経済の復活に寄与したとされる米国国家品質賞「マルコム・ボルドリッジ国家品質賞(MB賞)」を範としています。MB賞では有識者によって作成された具体的な審査基準を公開し、その基準やMB賞の審査プロセスをもとに自組織の経営を自己評価すること=セルフアセスメントを奨励しています。多くの企業はこのセルフアセスメントを行って経営革新を推し進めることで、MB賞の受賞へと至ります。このMB賞の考え方は、世界80以上の国や地域で展開されております。わが国でも「経営品質向上プログラム」という形で体系化され、多くの企業や自治体で取組まれているとともに、各地域において地域企業の競争力強化を目的として、地域経営品質賞が創設されています。

<講師>
社会福祉法人 恩賜財団 済生会支部 
福井県済生会病院 副院長・診療部長・経営戦略室室長
登谷 大修(とや・だいしゅう)

1977年 順天堂大学医学部卒業、金沢大学医学部第1内科入局
1984年 福井県済生会病院 消化器科医長
1988年 医学博士(金沢大学大学院)
2000年 福井県済生会病院 内科部長 兼 内視鏡センター長
2002年 同病院経営企画室長 兼務
2006年 副院長
1984年に福井県済生会病院に入職。2002年、患者さんの視点に立った医療サービス整備および職員満足度向上を目的として経営企画室を創設し初代室長を務める。2006年に副院長に就任、2010年に企画室を経営戦略室と改称。新規プロジェクトの立ち上げ、マネジメントの導入、職員の労働環境の整備なども手掛ける。
【現職】日本腹部救急医学会 評議員
    日本消化器内視鏡学会北陸支部 幹事
    福井市医師会 理事

【目的】
・JQA受賞企業の経営革新事例を学び、会員企業の経営革新や組織経営を考える事で、地域経済の発展に貢献出来る企業経営を目指す。
・福井商工会議所青年部活動の理解と非会員企業への広報を通して会員の増強をはかる。

【スケジュール】
平成26年9月24日(水)19:00~21:00
18:30~19:00 受 付
19:00~19:10 綱領朗読・指針唱和・会長挨拶
19:10~19:15 講師紹介・入場
19:15~20:35 講演
20:35~20:45 質疑応答・副会長謝辞
20:45~20:50 講師退席・一般退席
20:50~20:55 事業強化推進室講評
20:55~21:00 委員会報告等
21:30~ 懇親会(会員以外で懇親会参加ご希望の方は受付で確認)

県連 三地区研修交流事業【7月合同例会】開催のご案内

下記内容にて県連 三地区研修交流事業【7月合同例会】を開催いたします。

【開催日時】平成26年7月12日(土)15:00~20:00
【開催場所】福井商工会議所コンベンションホール
【対象者】 鯖江商工会議所青年部(これよりYEGと記載)・福井YEG会員

【目的】
・福井YEGと鯖江YEGが互いの事業活動から学びや気付きを得て、更なる事業の発展、新たな事業構築を追求していくこと。

・我々青年経済人1人1人がキャリア教育を正しく理解する場とする。

・交流を通して、会員同士の親睦を深めること。

【事業内容】
「 第一部」キャリア教育研修会/約1時間30分
1.「キャリア教育とは?」について説明(20分)
2.鯖江YEGものづくりクエストの事業発表(15分)
3.福井YEGアントレ・キッズの事業発表(15分)

「第二部」交流会/約2時間
企画「クイズ!どっちが○○か知ってるかい?(仮称)」(約30分)

【スケジュール】
15:00~ 受付開始
15:30~ 例会開始
16:00~ 第一部キャリア教育研修会開始
17:30~ 休憩
17:45~ 第二部交流会開始
20:00  閉会

6月度例会(担当:ビジネス向上委員会)開催のご案内

下記内容にて6月度例会(担当:ビジネス向上委員会)を開催致します。

<進むべき道>~企業防衛意識の向上を指し示せ~

【日時】 平成26年6月25日(水)19:00~21:00
【会場】 福井商工会議所ビル 地下 国際ホール
【対象】 福井商工会議所青年部会員

(目的)
企業を経営していく中で身近に起きるクレームやトラブルといった事例を参考に、専門家の見識を交えながら、企業リスクに備える心構えを養うことを目的とする。

(内容)
法務、税務、財務、労務、不動産の各分野より2名を会員講師として登壇してもらい、分野別の事例を5つ紹介、参加会員より意見を聞き取りながら皆で考え会員講師からの解説を経て知識の補完とリスクに対する心構えを学ぶ。

<進行手順(以下を5回繰り返し)各15分程度>
1.委員会メンバーがスライドを使って各分野別にトラブル等の事例を紹介
2.AとBの選択肢に会員が分かれる。会員からの意見聴取
3.2名の会員講師より解説

<会員講師(予定)>
清水孝行君(弁護士)小前田宙君(弁護士)
松岡茂君(税理士)安田圭介君(税理士)
野波 俊光君(公認会計士)村上 武雄君(中小企業診断士)
中村まゆみ君(社会保険労務士)松田 将裕君(社会保険労務士)
山岸 範之君(不動産鑑定士)奥田 茂君(不動産鑑定士)

<事例プレゼンテーションについて(案)※講師との調整により今後変更になります>
・普段何気なく行っている業務に潜む危険 「法令トラブル編」
・知らずに多額の税金を追徴される危険「税金トラブル編」
・顧客企業との金銭トラブルにおける危険 「顧客(財務)トラブル編」
・自社従業員との労使トラブルについての危険 「従業員トラブル編」
・不動産取引に潜む盲点についての危険「不動産トラブル編」

(スケジュール)
18:30~19:00 受付
19:00~19:20 綱領朗読・指針唱和・会長挨拶・新入会員紹介・委員長主旨説明
19:20~19:35 ビジネスプレゼン
19:35~20:55 リスクマネジメント例会
20:55~21:00 委員会報告等

5月度例会(担当:ビジネス向上委員会)開催のご案内

下記内容にて5月度例会(担当:ビジネス向上委員会)を開催致します。

<進むべき道>~心を動かすプレゼンを指し示せ~

【日時】 平成26年5月28日(水)19:00~21:00
【会場】 福井商工会議所ビル 地下 国際ホール
【対象】 福井商工会議所青年部会員

(目的)
1.大勢の会員の前でプレゼンを実践することでプレゼンスキルの向上に繋げる
2.見る側も他の会員の多様なプレゼンを見ることで自らを振り返る機会に繋げる
3.実際のビジネスに繋がるプレゼンを行うことで、会員同士のビジネスチャンスの拡大に繋げる

(内容)
会員事業所の商品、サービスに関わるプレゼンテーションを行う。
<ルール>
・プレゼンは1人3分 時間厳守(時間終了と同時にチャイムを鳴らす)
・プレゼン方法は自由(パワーポイント、チラシを使っての説明、口頭のみでもOK)、ただし、「人の心を動かし、相手(仮想客)に行動を促す内容」とする
・1人ずつプレゼン実施後に会員が仮想客となり良かったプレゼンに「取引札」を上げる(買いたい(取引したい)かそうでないか、消費者・取引先目線)→上位者表彰
・会員が一人ずつ「評価シート」を記入する →後で本人に渡す(本人へのフィードバック)
・質疑応答(または感想コメント)、シート記入時間を合わせて1人3分程度(プレゼン含め6分)
・プレゼンをビデオにとり、WEBでパスワードを入れて本人・会員が見られるようにする(Fast Uploader等)

(スケジュール)
18:30~19:00 受付
19:00~19:20 綱領朗読・指針唱和・会長挨拶・新入会員紹介・委員長主旨説明
19:20~20:50 ビジネスプレゼン
20:50~20:53 プレゼン集計発表
20:53~21:00 委員会報告等

4月度例会(担当:総務・渉外委員会)開催のご案内

下記内容にて4月度例会(担当:総務・渉外委員会)を開催致します。

【日時】 平成26年4月16日(水)20:10~:21:10
【会場】 福井商工会議所ビル地下 コンベンションホール
【対象】 福井商工会議所青年部会員

(目的)
会長の基本方針、活動方針は会社に置き換えると経営方針と同じです。委員長に於いては部門長として会長方針をいかに委員会内に落とし込み1年間どのように活動していくのかスローガンや方針、重点実施事項を具体的に説明していただき、会員が各事業への参加意欲を高める事を目指します。

(内容)
委員会スローガン、方針等を記載した統一フォーマットを配布し、説明時はスクリーンにてパワーポイントを使用し委員長が説明を行う。

(スケジュール)
20:10~20:15 開会、会長挨拶、県連会長挨拶
20:15~20:45 委員会活動方針説明(各委員会5分程度)
20:45~21:00 平成25年度事業考査:松田室長
21:00~21:10 写真撮影