3月度例会 卒業式・あじさい会との交流会を開催します。

3月度例会 卒業式・あじさい会との交流会を開催します。参加をお待ちしております。

日程 : 平成28年3月12日(土)

時間 : 17:20~22:00(16:50受付開始)

会場 : コミュニティーリゾート リライム 1階ギャラリーホール
福井市開発5-1207 0776-52-5400

特別会費:6,000円(あじさい会との交流会への参加者のみ)

スケジュール:
17:20~ 平成27年度卒業式
(19:30~ 自由時間(入浴無料))
20:00~ あじさい会との交流会
お料理をお召し上がりいただきながら一年を振り返ります。
グランプリ交流会を予定

 

 

2月度例会~ビジネス活性化ファイナル!~を開催します。

 

【目的】

今年度学んだ自己分析、課題発見力、発信力を、プレゼン・グループワークを用いて振り返り、営業力・宣伝力強化を身につける。

 

【事業対象者】

福井商工会議所 青年部会員

【開催日時】

平成28年2月24日(水) 19:00 ~ 21:00

【開催場所】

福井商工会議所 地下一階 国際ホール

 

【タイムスケジュール 】

18:30 ~19:00    受付、食事

19:00 ~19:15  開会、伸びゆく大地斉唱、綱領朗読、指針唱和、会長挨拶、新入会員紹介

19:15 ~19:20  趣旨説明(ビジネス活性化委員会から1名のプレゼンにてやり方の説明)

19:20 ~20:00  グループワーク(各委員会から計8組)

20:00  ~20:55   プレゼン・質疑応答

20:55 ~21:00  総括・委員会報告

21:00       閉会(21:30 ~懇親会)

 

 

 

【事業内容】

・事前に各委員会から数名の方を選んでもらい、その方の会社概要などのいくつかの項目を、事前にこちらから

出すワ―クシート1(*別紙参照)に記入してもらい、そのシートを元にその会員の会社のプレゼンをグループで

考えてもらう(発表者は自己分析をし、グループメンバーは他己分析をする)。グループメンバーが発表者にイン

タビューしながらプレゼンのシナリオを作っていくことで、メンバーは相手の持っている情報を引き出す力が鍛

えられ、さらに課題の発見力や具体的にどこでビジネスの輪がつながるかを見いだす力も鍛えられると思います。

キーワードとして、「最後の締めの言葉を「こんな時に○○社を思い出して下さい。」としてもらう。(シート

読み込みも含めて40分程度)。

 

・各テーブルの代表者によるプレゼンテーション(プレゼン+質疑応答で5分程度)。

プレゼンには、パワーポイントを使用しない為、写真を最大3枚まで使用できるものとします。

(写真についての使用の有無は各発表者にお任せ。)

 

  • プレゼンを聞いて、質問者に各テーブルで決めて、他のグループの発表の後に質問してもらう。
  • 各プレゼン終了後に、ワークシート2(プレゼン内容に対する意見や感想)を記入してもらい、集計したものをエンジェルタッチのメールで後日公開。
  • プレゼンの評価方法は、自分のお客さんや友人に、紹介したいと思ったかどうかを挙手で決めてもらう。景品の内容については当日のお楽しみということにさせてください。

参加をお待ちしております。

平成27年度臨時総会を開催します。

【事業対象者】
福井商工会議所青年部会員

【開催日時】
平成28年1月20日(水) 19:00 ~ 20:00(18:30 受付開始)

【開催場所】
福井商工会議所ビル 地下国際ホール

※議案審議の内容
第1号議案 平成32年度全国大会福井開催地立候補(案)について
第2号議案 その他

1月度オープン例会 まちカフェ〜地域の魅力を活かしたまちづくり〜を開催します。

1月度オープン例会 まちカフェ〜地域の魅力を活かしたまちづくり〜を開催します。

皆様のご参加をお待ちしております。

【目 的】

郷土の魅力や素晴らしさ、地域の宝を活かす事を考える事で魅力を知り地元に興味をもち関心を示していただき、まちづくりの参加や新たなコミュニケーション作りのきっかけとする。

・担当委員会以外の青年部会員が地域の若手と対話をする事で、新たな交流をもっていただき、今後のまちづくり活動へ繋げる

【参加対象者】

地域の若手

各公民館関係者さんや各地域・グループの方々

福井商工会議所青年部会員

【開催日時・場所】

平成28年1月27日(水)18:15~21:00

福井商工会議所 国際ホール

 

【事業内容】

  • 青年部のまち事業の紹介

青年部のまちあるき事業の経験を通じ地域との絡み方や手法を報告する

  • モデル地域の事業の発表(その他団体の事例は展示や配布で行う)
  • グループワーク(3回)

地域の魅力を活かして地域活動への若手の参加を考える。まちづくり事業へと繋げる

 

※カフェ形式とは・・・

・リラックスした雰囲気を作りオープンな会話を行える自由な空間「カフェ」のような雰囲気をだし、新たな発想をしていただく。

・相手の意見を否定せず、尊重されるという安心な場を設け、場の一体感を意識する。

・グループで話しているが、組合せを変える事で、参加者みんなと話し合いを行っているような効果をだす。

12月例会を開催します。

12月度例会~家族例会~開催のご案内

日時:12/6(日) 14:00(13:30受付開始)~17:00
場所:Dining Cafe&Bar ラフ
福井市高木中央2-4008 TEL0776-53-2800
会費:会員・大人      4000円
子供(小学生以上) 1000円
服装:カジュアルな服装

スケジュール
13:30~ 受付
14:00~ 例会開始
14:20~ 第1部「お正月文化にふれよう!ワークショップ」
①餅つき体験
②水ようかん作り
③はんこ作り(子供優先・親子同伴)
④門松作り(子供優先)
⑤凧作り (子供優先)
⑥はご板作り(子供優先)
15:30~ 第2部「交流会(お食事・余興)」
17:00   閉会

YEG活動が出来るのも、家族の協力や理解があってのことだと感じます。そんな家族に日頃の感謝の気持ちを込めて、今回の例会を開催いたします。
愛する家族を連れてきていただいて、会員同士、家族同士、さらには家族間同士の絆を深め、大いに楽しみましょう(^O^)/
笑顔溢れる有意義な時を、参加者全員で過ごしていきましょう♪

12月定期総会を開催します。

12月定期総会を下記のとおり開催します。YEG会員の皆様、出席をお願いします。

【開催日時】

平成27年12月16日(水) 19:00 ~ 20:00(18:30 受付開始)

【開催場所】

福井商工会議所ビル 地下国際ホール

【議案審議の内容(予定)】

第1号議案 平成28年度福井商工会議所青年部役員選出(案)について

第2号議案 平成28年度福井商工会議所青年部基本方針(案)について

第3号議案 その他

11月度例会 「ハーバード流交渉術を学ぶ」 ~より良い交渉は営業を楽しくする~を開催します。

11月度例会 「ハーバード流交渉術を学ぶ」~より良い交渉は営業を楽しくする~を開催します。

ハーバード大学交渉学研究所で開発された「原則立脚型交渉」を学び、駆け引きでも論破でもない、相手の本質の課題を見つけお互いの利益が最大になる選択肢を創れる交渉を自身の商売の営業活動に落とし込み実践出来るようにする例会を開催します。

ぜひともご参加ください。

【開催日時】

平成 27年11月25日(水)  19:00 ~21:00

【開催場所】

福井商工会議所 国際ホール

【タイムスケジュール 】

18:30 ~19:00    受付、食事

19:00 ~19:15  開会、伸びゆく大地斉唱、綱領朗読、指針唱和、会長挨拶、新入会員紹介

19:15 ~19:20  委員会報告・趣旨説明・講師紹介

19:20 ~20:50  講義・実践・総評

20:50 ~20:58  謝辞・講師退場

20:58 ~21:00  懇親会説明・閉会

21:30 ~        懇親会

 

【事業内容】

1.ハーバード流交渉術の解説(講師による講義)            (40分)

交渉のスタイルには、ソフト型、ハード型などいろいろあるが、ハーバード流原則立脚型とはどのようなものか、なぜそれがWIN―WINの関係になるのか講義形式で解説。

ハーバード流交渉術の長所を理解し、自身の商売や営業活動でハーバード流交渉術を駆使して、顧客が気付いていない本質的な目的や課題を明らかにし双方の利益が最大になる提案を行う営業の仕方を学ぶ。

 

2.ロールプレイ                 (30分)

①例題について、それぞれの立場でどのように交渉を進めるか例題を検討。

例題について

・全体で共通のもの1つとする。

・売り手・買い手の立場(役割)を決める。

・例題の背景である売り手、買い手それぞれの詳細は統一したものを講師が設定し配布。配布された紙は、

売り手・買い手それぞれの立場が共有しないこととする。

 

②検討したものをもとにロールプレイ

進め方

・売り手・買い手で、1対1で交渉する。(ビジネス活性化委員会メンバーが、ロールプレイを観察)

・時間内に交渉成立すれば、お互いの良かった点、悪かった点をフィードバックしあう。

 

3.講師からのアドバイス、総評                    (20分)

例題について、お互いの利益を最大限にする選択肢の具体例を紹介。

業種が異なっても、今後ハーバード流交渉術を自身の営業活動に活用していけるようアドバイスを頂く。

9月度交流オープン例会「Let’s one☆」 を開催します。

9月度交流オープン例会「Let’s one☆」 を開催します。

今回の交流例会はYEGメンバーだけでなく、一般参加者(新規会員候補)にも参加していただきます。 熱いYEG魂を持って、おもいっきりいろんな方々と交わっていただき、楽しんでいただきたいと思っております。
日時:9/26(土) 17:45~21:45
場所:繊協ビル8F アルカンシェル
スケジュール
17:45~18:30  会員受付開始(一般 18:00~より)
18:30~18:45  例会セレモニー
18:45~19:45  第1部「エコキャップアートを作ろう」
19:45~20:00  会場転換
20:00~21:30  第2部「懇親会」
21:45  終了

【事業テーマ】 L.E.T(Love 愛、Evolution進化、Team YEGチーム)

愛 :会員間の交流(幽霊会員の参加を促す)を通じて、チーム愛を確認する

進化:新入会員獲得へのアプローチと福井YEGのPRを通じて、チームの強化を図る

チーム:未来に繋がる事業を全員で行い、共通の目的を持つことでチームの結束力を高める

福井YEG10月度オープン例会「宣伝力UP講演会・一乗谷ディスカバリープロジェクトに学ぶ宣伝力」を開催します。

福井YEG10月度オープン例会「宣伝力UP講演会・一乗谷ディスカバリープロジェクトに学ぶ宣伝力」を開催します。

オープン例会ですので、福井YEG会員でない方についても参加が可能です。ご参加を心よりお待ちしております。

詳しい内容・申し込みについては、下記のHPをご参照ください。

http://www.sukima-labo.com/201510kouenkai/index.html

【ご挨拶】
福井商工会議所青年部では一般の皆様にもご参加いただける講演会を下記のように開催します。 今回は「一乗谷ディスカバリープロジェクトに学ぶ宣伝力」と題し、 福井市が誇る一乗谷を日本中に宣伝した一乗谷ディスカバリープロジェクトに関わられた安野敏彦氏と副田高行氏を講師にお招きし、 宣伝力UPをテーマにご講演いただきます。 この講演会で皆様の宣伝力が向上し、ビジネスや地域が宣伝の力でより一層活性化されることを願っております。 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。
【開催日】 平成27年10月28日(水) 19:00~21:00 (18:30から受付開始)
【会 場】 福井商工会議所ビル 地下国際ホール (福井市西木田2-8-1)
【主 催】 福井商工会議所青年部
【協 力】 福井市商工労働部おもてなし観光推進室

【講師紹介】
■安野 敏彦 氏
福井市商工労働部
おもてなし観光推進室
観光アドバイザー
1947年福井市生まれ。元全日空宣伝部長。 退職後、出身地である福井市に戻り、市の観光アドバイザーとしてそれまで培った広告の力で故郷の観光施策の力になりたいと考え、 かつての盟友である業界屈指のトップクリエーター(副田高行氏、クリエイティブディレクターの佐々木宏氏、写真家の藤井保氏ほか)を福井市に招き入れた。
同プロジェクトの立役者。

■副田 高行 氏
副田デザイン制作所 代表
アートディレクター
1950年福岡県生まれ、東京在住。スタンダード通信社、サン・アド、仲畑広告制作所を経て、現制作所主宰。2008年から朝日広告賞審査委員。
<主な実績> サントリー「ナマ樽」「モルツ」、ANA「ニューヨークへ行こう」、トヨタ「エコ・プロジェクト」「REBORN」キャンペーン、シャープ「アクオス」など手がける。’77年朝日広告賞、’81年、’83年、’84年東京ADC賞、ほか受賞多数。
同プロジェクトではポスター、写真集等の構成企画を担当。

「えきまえアントレ・キッズ2015」開催のご案内

【開催日時】
平成27年8月22日(土)
午前の部 10:00〜12:40
午後の部 13:30〜16:10

【開催場所】
福井放送会館6階
福井市中心市街地エリアの各商業施設(百貨店、飲食店、交通機関など)
福井YEGブース(まちづくり福井6階、ふく+など)

【対象者】
参加者は、福井県内の小学5年生~6年生とその保護者。
午前の部・午後の部各150名程度。

【事業内容】
各参加店舗で1時間20分の基本的なお仕事体験をしていただきます。

【目的】
①「えきまえアントレキッズ」だからできる駅前実店舗で就業体験を通じ、子どもたちに働く意義を知り、仕事への夢をもってもらう。
②子どもたちやその父兄に対し中心市街地の店舗に親しみを持ってもらう、潜在顧客につなげる。
③新しい取り組みとしてお仕事をこなした報酬を各店舗で企画してもらい参加店舗の特色をだす。
④学生ボランティア参加者を募集し、運営を支援してもらうとともにキャリア教育への理解と地域のまち・企業への認知を高める。