「えきまえアントレ・キッズ2014」開催のご案内

【開催日時】
平成26年8月23日(土)
午前の部 10:00〜12:30
午後の部 13:30〜16:00

【開催場所】
福井市中心市街地エリアの各商業施設(百貨店、飲食店、交通機関など)
福井YEGブース(ふく+、U-canビル2階・B1階、ガレリアポケット、検討中)

【対象者】
参加者は、福井県内の小学5年生~6年生とその保護者。
午前の部・午後の部各130名程度。

【事業内容】
各参加店舗で1時間30分の基本的なお仕事体験をしていただきます。

【目的】
中心市街地において、こども達に働く意義を知り、仕事への夢を持ってもらうことを目的とする。また、本事業を通して、参加するこども達やその父兄に中心市街地の店舗に親しみを感じてもらい、駅前の潜在顧客としての掘り起こしを図る。なお、「えきまえアントレ・キッズ」ではYEGが実施の教室型「アントレ・キッズ」ではなく、実店舗で就業体験を行う企画とする。
また、ボランティア参加者の受け入れを行い運営支援のお手伝いをお願いする中で、ボランティア参加者にキャリア教育の理解と気づきを得てもらい、継続的かつ安定的なサポート体制の実現を図っていく。自立型開催へ向けたマニュアルの見直し等も含め検証を行います。

【スケジュール】
午前の部 午後の部 内容
10:00 13:30 受付開始(会場:福井放送会館6階)
10:15 13:45 スケジュール・注意事項説明
10:20 13:50 アントレ・キッズの趣旨説明(YEG会長)、接客マナーの練習
10:50 14:20 体験先へ移動
11:00 14:30 体験スタート
12:30 16:00 体験終了

9月度オープン例会「日本経営品質受賞企業に学ぶ経営革新」講演会開催のご案内

【開催日時】
平成26年9月24日(木)
19:00〜21:00

【開催場所】
福井商工会議所コンベンションホール

【対象者】
一般企業・市民
福井商工会議所青年部会員

【事業内容】
2012 年度日本経営品質賞 大規模部門受賞企業『福井県済生会病院』副院長登谷大修氏による講演と質疑応答
講演テーマ『患者さんの立場で考える~福井県済生会病院の経営』
◆事業所プロフィール
『受賞理由』
福井県済生会病院は、福井市にある総合医療機関で、「患者さんの立場で考える」の理念を、経営幹部が率先してビジネスパートナーにまで浸透を図っている。同時に、話し合える機会の場、働くことの原点や働き甲斐を大事にする仕組みづくりの結果、垣根を超えて専門職が一体となって治療計画を立てる「クリニカルパス」の高い実施率につながり、診療サービス標準化等の複合成果を生み、医療サービスの革新を実現。入院・外来双方の「病院満足度ポイント」で全国トップレベル水準を維持するとともに、従業員意識調査でも全国トップレベルの結果となっている。また、求められる地域連携の中核的役割を果たすために、現状に満足せず、新たな指標の開発や外部機関を活用した改善の仕組みを構築している。従業員満足を起点に患者満足を実現していく変革の推進は、医療業界を超えて、組織開発の範となる。
※日本経営品質賞とは
【卓越した企業品質をめざして、国際的な競争力を有する優秀な企業を表彰】
日本経営品質賞は、わが国企業が国際的に競争力のある経営構造へ質的転換をはかるため、顧客視点から経営全体を運営し、自己革新を通じて新しい価値を創出し続けることのできる「卓越した経営の仕組み」を有する企業の表彰を目的としています。(公財)日本生産性本部(旧 社会経済生産性本部)が1995年12月に創設した表彰制度で、2013年度までの18年間に213組織が申請し、34組織が受賞しています。
【世界80国以上の国や地域で支持された“マルコム・ボルドリッジ”国家品質賞に基づく経営品質向上プログラム】
日本経営品質賞は、80年代の米国経済の復活に寄与したとされる米国国家品質賞「マルコム・ボルドリッジ国家品質賞(MB賞)」を範としています。MB賞では有識者によって作成された具体的な審査基準を公開し、その基準やMB賞の審査プロセスをもとに自組織の経営を自己評価すること=セルフアセスメントを奨励しています。多くの企業はこのセルフアセスメントを行って経営革新を推し進めることで、MB賞の受賞へと至ります。このMB賞の考え方は、世界80以上の国や地域で展開されております。わが国でも「経営品質向上プログラム」という形で体系化され、多くの企業や自治体で取組まれているとともに、各地域において地域企業の競争力強化を目的として、地域経営品質賞が創設されています。

<講師>
社会福祉法人 恩賜財団 済生会支部 
福井県済生会病院 副院長・診療部長・経営戦略室室長
登谷 大修(とや・だいしゅう)

1977年 順天堂大学医学部卒業、金沢大学医学部第1内科入局
1984年 福井県済生会病院 消化器科医長
1988年 医学博士(金沢大学大学院)
2000年 福井県済生会病院 内科部長 兼 内視鏡センター長
2002年 同病院経営企画室長 兼務
2006年 副院長
1984年に福井県済生会病院に入職。2002年、患者さんの視点に立った医療サービス整備および職員満足度向上を目的として経営企画室を創設し初代室長を務める。2006年に副院長に就任、2010年に企画室を経営戦略室と改称。新規プロジェクトの立ち上げ、マネジメントの導入、職員の労働環境の整備なども手掛ける。
【現職】日本腹部救急医学会 評議員
    日本消化器内視鏡学会北陸支部 幹事
    福井市医師会 理事

【目的】
・JQA受賞企業の経営革新事例を学び、会員企業の経営革新や組織経営を考える事で、地域経済の発展に貢献出来る企業経営を目指す。
・福井商工会議所青年部活動の理解と非会員企業への広報を通して会員の増強をはかる。

【スケジュール】
平成26年9月24日(水)19:00~21:00
18:30~19:00 受 付
19:00~19:10 綱領朗読・指針唱和・会長挨拶
19:10~19:15 講師紹介・入場
19:15~20:35 講演
20:35~20:45 質疑応答・副会長謝辞
20:45~20:50 講師退席・一般退席
20:50~20:55 事業強化推進室講評
20:55~21:00 委員会報告等
21:30~ 懇親会(会員以外で懇親会参加ご希望の方は受付で確認)

「えきまえアントレ・キッズ2014」学生ボランティア募集中!

2014年8月23日(土)に開催される『えきまえアントレ・キッズ2014』の
学生ボランティアさんを募集しています。

詳しくはこちらをご覧ください。 ⇒ 学生ボランティア 募集チラシ

「えきまえアントレ・キッズ2014」の参加者を募集中です

『えきまえアントレ・キッズ2014』の参加者を募集中です。(7月17日(木)18時まで)

【日  時】平成26年8月23日(土)
【会  場】福井市中心市街地エリアの各商業施設(百貨店、飲食店、交通機関など)
【対  象】小学5・6年生
【募集人数】260名(募集人数を超えた場合は抽選となります)
【費  用】500円/子供1人

参加お申し込みはこちらからお願いします。 ⇒ 福井商工会議所青年部ホームページ
配布ちらし