12月度例会 〜SDGsからビジネスと社会環境の変革を考える〜 を開催しました

平成30年12月19日(水)、AOSSA 6階 研修室601A・Bにて、12月度例会「SDGsからビジネスと社会環境の変革を考える」が開催されました。

目まぐるしく変化するこの時代、新しいビジネスを生み出す意識変革をテーマに五十嵐会長の掲げる3つの進化を促すべく例会を構築してきたビズレボ委員会。6月度例会では個の進化=「イノベーター視点」、9月度例会では組織の進化=「イノベーションを起こす組織づくり」と学びを深めてきましたが、本12月度例会では時代のキーワード「SDGs」をピックアップ。自らのビジネスと経済・社会・環境の関係にフォーカスし、自分たちのアクションでどう社会変革できるのかを考えコミュニティの進化につなげていくという、まさにビズレボの集大成ともいえる事業です。例会時間も気合の3時間!ビズレボ委員会は会員の学び、気づきのためにとことんやります。

そもそも、SDGsとはなんなのか。冒頭、特定非営利活動法人エコプラザさばえの楳原先生より、ご説明頂きます。
IMG_6211

SDGsとはSustainable Development Goals、すなわち世界の抱えるあらゆる問題を解決するための「持続可能な開発目標」の略称です。世界はあらゆる問題を抱えています。未だ貧困に苦しむ地域もあれば、根強い性差別や地球の温暖化など…たったひとつの地球で暮らす我々が持続可能な社会を築いていくためには、これら経済・社会・環境の問題を統合的に解決することが不可欠です。そのために、国連加盟国の193か国が2016年から2030年までの15年間に達成すべき17の目標、具体的な169のターゲット、232の指標を定め、SDGsとして2015年9月に国連サミットにて全会一致で採択されたのです。

お話に真剣に耳を傾ける会員の皆さん。国連?なんやらたいそうな話に聞こえますが…大切なのは、私たちひとりひとりの小さな行動。百聞は一見に如かず、一見は行動に如かず。ということで、登場したのはSDGsカードゲーム!実は楳原先生、一般社団法人イマココラボ公認のSDGsファシリテーターという肩書も持たれており、SDGsカードゲームを扱える数少ない有資格者のおひとりなのです。

本ゲームは、世界を模していて、現実の世界という設定。今回は1チーム3名の16チームに分かれ、それぞれのチームは決められたゴールを達成するため、与えられたお金と時間を使いプロジェクトを実行していきます。そのゴールとは、「悠々自適」「大いなる富」「貧困撲滅」「環境保護」「人間賛歌」の5種類。私たちの価値観の違いを象徴するような内容です。
IMG_6213

いよいよゲーム開始。ゴールを達成するため、お金と時間を使いプロジェクトを次々にこなしていくメンバー。世界の状況メーターは、経済指標がぐんぐんのびていきます。
IMG_6221IMG_6230

前半を終え、ここでインターバル。現在、既に7チームがゴールを達成する中、世界の状況はといいますと…経済絶好調!しかし、環境や社会指標はどん底。大気汚染が進み、いまだに差別の多い国が点在する。これって、みんなが幸せな世界といえるのだろうか…

後半開始、皆の動きに変化が起きます。すでに目標を達成したチームが、余ったお金をほかのチームへ援助したり、時間をお金で買ったり…環境や社会メーターをのばしていくような動きがみられるようになりました。限られた資源を共有し、協力して残り時間プロジェクトを進めていきます。環境メーター、社会メーターもぐんぐん伸び…
IMG_6239

経済、環境、社会のバランスのとれた世界となりました。さらには、16チームすべてがゴール達成。文句なしのSDGs達成です。

前半は皆個々のゴール達成のためだけにプロジェクトをこなしていましたが、その結果世の中はごく一部の人たちしか満足できない世界となっていました。後半は、皆協力することで、理想の世界を実現できたようです。このゲームを通して、個々の小さな行動が世界の状況に影響を与え変化させていくこと、また、異なる価値観を持つ人たちでも、協力し合うことで全員が満たされる共通のゴールを得られることを疑似体験できたのではないでしょうか。

ここで終わらないのがビズレボの例会。最後に、自分のビジネスをベースに「マイSDGsカード」を作成してもらいました。SDGsカードゲームに倣い、12年後の自分のビジネスが世の中にどういった影響を与えるか、どのようなビジネスが必要とされるか、経済・環境・社会の3つの側面から考えてもらいました。
SDGs

持続可能な社会の実現のため、SDGの達成は我々青年経済人の責務です。しかしそれと同時に、新たなビジネスチャンスを拓く指針ともなり得ることに気付かされた、大変意義のある例会となりました。講師の楳原先生、ご参加いただいた会員の皆様、ありがとうございました。

 

記事担当:ビズレボ委員会 増田悠二

9月度例会 「組織の進化を考える組織の在り方とダイアログ」を開催しました。

9月26日(水)に9月度例会 「組織の進化を考える組織の在り方とダイアログ」を開催しました。

 

前回の6月例会では『個の進化』を促すきっかけとして、イノベーター視点や、ビジネスモデル構築について学びました。

IMG_3925

今回の9月度例会に向けては、個人の資質向上に加えて会員企業の『組織の進化』を促す例会を開催すべく、6月例会後3か月熱い議論を交わしてきました。その議論の中で、組織を進化させていくためにはその前提として、組織としてよりよい状況、良い環境作りが重要だろうという考えに行き着き、意見を言い合える良い関係づくりを実現するための手法として「ダイアログ」をテーマにすることに至りました。

IMG_3927

そこで本例会では、組織論や組織環境作りの専門家である甲南大学経営学部教授の北居明先生をお招きし『組織の進化を考える組織の在り方とダイアログ』というタイトルでダイアログや様々な手法で解決した事例などをご講義いただきました。

変化の時代に求められるダイアログ型組織。

第1部の講義では、実際の職場環境でおこる様々な事例や、手法についてお話しして頂きました。

IMG_5361

第2部では、第1部の内容を踏まえ、ディスカッションとダイアログの違いを実際に見て感じることができるデモンストレーションを開催。テーマに沿ったディスカッションとダイアログの使い分け等を学び、実際の現場で実践できるよう、会員全体で共有する予定、、、でしたが!!

1部終了後の質疑応答の様子から、実際の組織の中で具体的な解決策を模索している会員がとても多い事が判明。会員の現場では今も事件が起こっている!!ということで、急遽例会プランを変更しデモンストレーションは中止!!坂田委員長の見事なファシリテーションのもと、数人のグループで意見交換した後に実際の現場の状況を挙げていただき、今回学んだ手法での解決方法を即興で先生に答えていただくという、いきなりすごい展開に!!会場もどっとわきました。

IMG_3955IMG_3951IMG_3964IMG_5362

多くの会員が会社組織に属し、さらに経営者としての面も持ち合わせている為、今回の講義は自社のビジネスを進化させるためにも最適なテーマだったのだと感じました。

今の時代の変化に対応するには

・トップダウン経営では、なかなか新しい事業はうまれない

・自律的な組織にしたい

・組織論、ちゃんと考え、新しい事業を生み出せる体制に生まれ変わる

9月度例会を終えてそんな気持ちを会員がもっていただけていたら、大成功です。

デモンストレーションはできませんでしたが、ビズレボ委員会では個別に開催する用意もありますので、今後機会を設けたいと思います。

 

ビズレボ委員会副委員長 榊原右章

 

武生YEG40周年記念事業「YEG☆フェス」に参加しました

7月15日(日)に 武生中央公園だるまちゃん広場 で開催されました、武生YEG40周年記念事業「YEG☆フェス」に福井YEGも参加させていただきました。

36948422_249638615636964_1872532292820271104_n

ご覧ください。この雲ひとつ無い青空!!
IMG_4399

天候に恵まれ、快晴の中でのフェス!
ステージではブラスバンドや太鼓、弾き語り演奏やダンスパフォーマンスなどなど盛り沢山!
ただ、この日の最高気温は37度と、とにかく暑い…笑 それでも、家族連れの皆さんや、お友達同士の方々等、世代を問わずにたくさんの方が公園に遊びに来られていました!
もうすぐスタバもできるそうです。まさに市民が集う場所。とっても素敵な公園でした^^
スクリーンショット 2018-07-17 10.42.25スクリーンショット 2018-07-17 11.00.40

さてさて、我々福井YEGはフードコーナーに出店する形で参加。
2年前より福井YEGで開発を続けている越前かにの「かに殻出汁」を使った商品。今回は夏ということで、かに殻出汁を使った冷たーいそうめん、名付けて「淡麗かにだしそうめん」を販売させていただきました。
IMG_4358

越前かにのズワイもセイコもどちらの殻も使って煮出した出汁。
氷でしっかり冷やして、ヒンヤリいただきます。
IMG_3707

大きな釜でたっぷりのそうめんを茹で上げます。
IMG_4352 IMG_4354

試作の段階では冷やすと臭みが出てしまうことが課題でしたが、カニやお寿司のプロフェッショナル、福井YEGの仲間でもあります 株式会社成前/寿し吉田 の田畑君が試行錯誤の上解決!カニの風味を残しつつ、麺にしっかり絡む味わい深い出汁に仕上がりました。
IMG_4384

お客様からの反応も非常に良く、たくさんの方が「美味しい〜!」と召し上がってくださいました^^
スクリーンショット 2018-07-17 13.32.40 スクリーンショット 2018-07-17 13.32.21 スクリーンショット 2018-07-17 13.31.30

フードコートでは、福井県連7単会それぞれが美味しいものを持ち寄って出店していましたよ!どれも美味しかった〜◎◎◎
36944807_249637785637047_4617938236679913472_o
スクリーンショット 2018-07-17 10.47.59 スクリーンショット 2018-07-17 10.47.38

屋外イベントは気持ちが良くていいですね^^
たくさんの地元の方々にご参加いただけて、とても楽しい1日になりました!
武生YEGの皆さま、ご準備から当日の運営まで本当にありがとうございました。
そして、改めまして40周年本当におめでとうございます。
これからもよろしくお願いします!

【記事担当:総務・PR委員会 森淳一郎】

6月度例会「時代を生き抜くためのイノベーター視点とビジネスモデルの構築」を開催致しました。

6月27日(水)に福井商工会議所ビル コンベンションホールにて6月度例会「時代を生き抜くためのイノベーター視点とビジネスモデルの構築」が開催されました。

20180627_100538112_iOS

今回は、数々の企業でイノベーティブをもたらしてきた。GOB Incubation Partners株式会社の代表取締役 山口高弘 氏を講師にお招きし、これまでにないビジネス視点を学びました。
20180627_101502155_iOS

ビズレボ委員会 担当副委員長の 多田 健太郎君が講師の紹介・趣旨説明をし、今例会が始まりました。
講師の山口高弘氏のお話は、「いかにすぐれたWild idea(破壊的アイディア)を生み出せるか!」など、多くの刺さる言葉がありました。

そして、世の中に受け入れられ持続的になるまでに、段階踏んだ壁があるということも学びました。

20180627_120535359_iOS

なんのために仕事をビジネスをしているかを、あらためて考えてみてみるいい機会になったのではないでしょうか。

講師:山口氏が代表取締役を務める「GOB Incubation Partners株式会社」ホームページ
http://gob-ip.net/

「GOB Incubation Partners株式会社」のYOUTUBEチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCGdigKbI1dK3SUC67Ht3z9g

講師:山口氏の著作「アイデア・メーカー」
http://amzn.asia/fkYbmjr

【記事担当:総務・PR委員会 大村亮輔】