「まちキッズふくい2018 第2回すごいゼ!福井の食体験」を開催しました

2019年1月27日(日)に、「まちキッズふくい2018 第2回すごいゼ!福井の食体験」をユー・アイふくいにて開催しました。

ㆾㆡ�ㅅㇹ-ㅆㅩㇷ_201

「まちキッズふくい」は、福井の未来を担う子どもたちにこの街の魅力を知ってもらうために、2016年から毎年実施してきました。

今年度その2回目として、福井の食をテーマに開催しました。

参加した子どもたちは12名。一乗ふるさと料理クラブの皆様にご協力いただき、福井で昔から食べられているものを実際に調理する体験を通じ、知ってもらうことが目的でした。

まず子どもたちが挑戦したのは、福井の冬にかかせない、水ようかんづくり。寒天を煮ながら、砂糖、黒糖などの材料を加え、手際よく作っていきました。

水ようかん1 水ようかん220190129_013352486_iOS

続いて挑戦したのが、福井の伝統料理である「呉汁」づくり。呉汁はだしと味噌に、大豆をひいたものを加えて作ります。そこでまずは材料となる味噌がどのように造られるのかを体験しました。

味噌作り1 味噌作り2

味噌造りを体験した後、味噌汁に入れる大豆挽きを行います。一乗ふるさと料理クラブの先生方のレクチャーに従い、YEGのメンバーや保護者の方も協力して40分ほどすり鉢で豆すりを行います。まるでクリームのようになるまですられた大豆を味噌汁に入れ、煮たさせると呉汁の完成です。

20190129_013408417_iOS 呉汁1

参加した子どもたちがつくった水ようかんと呉汁に、一乗ふるさと料理クラブの方が作ってきていただいた黒豆ご飯や油揚げなど福井でよく食べられる食材を加え、お膳に盛り付け。朝倉膳の完成です。水ようかんと呉汁は大変好評でした。

御膳2 御膳3

今回体験した料理の数々は、伝承料理として長年伝えられてきたものです。普段何気なく食べている食事のもつ歴史や奥深さに触れ、子どもたちはまたひとつ自分たちのまちの魅力に気づいたのではないでしょうか。

 

【記事担当:地域とYEGはひとつ委員会 佐藤 宏隆】

 

「まちキッズふくい2018 第1回すごいゼ!福井のローカル線」を開催しました

11月25日(日)に、「まちキッズふくい2018 第1回すごいゼ!福井のローカル線」を開催しました。

ㆾㆡ�ㅅㇹ-ㅆㅩㇷ_201

「まちキッズふくい」は、福井の未来を担う子どもたちにこの街の魅力を知ってもらうために、2016年から毎年実施してきました。

今年度はその1回目として、福井のローカル線(えちぜん鉄道)をテーマに開催しました。

参加した子どもたちは21名。私たちが準備した、えちぜん鉄道を使った数々のミッションに挑戦し、ローカル線と、その沿線にある魅力的なスポットを体験してもらいました。
IMG_0115IMG_0118

参加した中には、えちぜん鉄道に乗るのも初めてという子どもたちも多いなか、タブレットの地図を駆使しながら、様々なスポットを探索。田んぼの真ん中にある「おこり神様」や神社の中のストーンサークルのようなものなど、大人も知らなかった福井の一面を体験していきました。
IMG_0113IMG_0118

最後に、どんなスポットにいったかをまとめ、その中でお気に入りの写真を1枚選んで発表してもらいました。1枚だけで無く2枚、3枚ともっと紹介したいと言う子どもたちもおり、子どもたちにとって新しい発見や楽しみがたくさんあった「まちキッズふくい」になったようです。

今回の気づきが、さらに自分たちの街を知りたいと思う探究心や地元に対する興味関心に繋がっていくことを願っています。

さて、「まちキッズふくい2018」は2019年1月27日(日)に2回目を開催します。

今度のテーマは「食」。福井の郷土料理を体験することで、福井の食の魅力を体験してもらいます。

参加を希望される方は福井商工会議所青年部事務局までお問い合わせ下さい。

↓申し込みフォームはこちら↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfhroLLvpUfS0aeE3acn_o-JM9Sxl4CFY6XCm-VbG_8pl_vFg/viewform

 

【記事担当:地域とYEGはひとつ委員会 佐藤 宏隆】

米子YEGの皆さんとの交流会を開催しました

IMG_5347

2018年9月14日(金)福井市片町にある柳月亭にて、米子YEGの皆さんとの交流会を開催しました。

鳥取県米子市では将来的な新幹線の誘致を目指していることから、米子YEGより熱い思いを持った委員会メンバーが「新幹線誘致に関する調査・研究」の一環として、北陸新幹線開通を4年後に控えた福井市に視察訪問に来られました。

米子YEGの皆さんと福井YEGメンバーとの交流会では、新幹線誘致に対する熱い想いや未来への必要性など、盃を交わしながら話し合い、大いに盛り上がりました。

米子YEGの皆様、有意義で楽しい時間を共有できた事、心より感謝いたします。

【記事担当:地域とYEGはひとつ委員会 担当副会長 山田祐司】

馬威し水かけ祭り2018(8月度例会) を開催しました!

8月4日(土)、福井フェニックス祭りにおいて

「馬威し水かけ祭り2018(8月度例会)」を開催しました!

0ScreenClip ScreenClip [1]

昨年度に引き続き2回目の開催となりました。

 

※【馬威しとは】
かつて福井藩では正月になると、武士が馬を駆って目的地に進むのを町人が馬を威して妨害する「馬威し」という行事が開催されていました。それを現代風にアレンジ。フェニックス祭りのメインステージからゴールの佐佳枝廼社まで駆け抜ける側と、沿道から水をかけて妨害する側に分かれ、激しい攻防を繰り広げます。

 

猛暑が続いておりますが、水かけ祭り当日も気温36度と暑い一日となりました。約150名の参加者で熱いレースと水かけを楽しみました。思いっきり水をかけられて、猛暑を吹き飛ばそうということで多くの方にご参加いただきました。

ScreenClip [2]U3re4H2Q

 

 

レースは3部門で開催しました。

◎誰よりも早くゴールまでたどりつくことを競う「レース部門」

◎友人や同僚と思い思いに走る「エンジョイ部門」

◎家族で参加する「家族部門」

 

今年のコースは、福井放送会館前をスタート、佐佳枝廼社境内をゴールとした全長約350メートルのコースです。

 

参加者は4つのアトラクションを乗り越えて、ゴールを目指します。沿道から水鉄砲やバケツで水を掛けられるだけでなく、今年は巨大放水車も登場するなど、水かけの内容も、昨年度から大きくパワーアップしております。

 

まずは、スタートですが、福井放送会館の前からスタート。スタート直後から、バケツで大量の水をかけられます。

18 19

 

カーブを曲がった先には、プールが置かれています。ひんやりとしたプールを濡れながら、進んでいきます。

IMG_4207ScreenClip [1] 1

さらに進んだ先では、巨大放水車、放水機による本格的な放水を浴びました。これには参加者もびっくりしてくれました。

ScreenClip [3] ScreenClip [4]

4 2

最後は、階段を駆け上がり、佐佳枝廼社境内のレッドカーペットを駆け抜けてゴールとなりました。最後まで、きっちりバケツと水鉄砲で水をかけられます。

ScreenClip [2] ScreenClip [3] ScreenClip [4]20 ScreenClip [5]

 

 

表彰式では、フェニックスマン・フェニックスウーマンも登場し、大盛り上がりでした。

16 6 JZ0iI4Vg

 

 

 

非常に多くの方にご参加いただき、「楽しかったー」、「また出たい」という声をいただきました。ありがとうございました。

10 11 12 13 14 15 17

「レースには参加できないけど妨害を」ということで、走者にバケツや水鉄砲で、笑顔で水をかけるという形でも、多くの方にご参加いただきました。祭りを盛り上げていただき、ありがとうございました。

また、周辺の商業施設、駐車場など、多数の方にご迷惑をお掛けしましたが、多大なるご協力をいただきありがとうございました。

皆様のおかげで、無事に水かけ祭りを開催できましたことに感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

【執筆担当 総務・PR委員会 小前田】

 

お堀の桜船2018を開催しました。

平成30年4月14日(土)第33回ふくい春まつりにおいて、福井城址西側に復元整備が完了した御廊下橋にて「お堀の桜船2018」を開催しました。

大雪だった冬が終わり、季節外れの暖かさに桜の満開時期が早まり、お堀の桜は残念ながら葉桜となってしまいましたが、普段見られない違った角度から福井城址、桜を見ようと約100名のお客様にお越しいただきました。午前中には予定していた船の運行予定を超え、急遽2便増やし大盛況の事業となりました。

IMG_2970IMG_2983IMG_3370_preview.jpegIMG_2921

ドラゴンボートには6~7名のお客様に乗船いただき、息のあったオール捌きで約20分程度お堀の中から福井城址と桜を楽しんでもらうことができました。

IMG_2979IMG_3352_preview.jpeg

カヌーには1名のお客様に乗船いただき、カヌー協会の方の先導のもとお堀の中を自在に遊覧し、桜を楽しむのと同時にカヌーも楽しんでいただきました。

IMG_3310_preview.jpegIMG_3382_preview.jpeg

4人乗りのボートも同時に運行し、楽しんで頂くことができました。

また、カフェでは足湯で温まりながら「桜餅」と「桜饅頭」を楽しんでいただきました。

IMG_2947IMG_2924

天候に不安もありましたが雨もなく、最後まで桜船、足湯、カフェを楽しんでもらえる風情溢れる事業となりました。

ドラゴンボート協会の皆様、カヌー協会の皆様のご協力、そしてYEG会員の協力により無事終了することができました。ありがとうございました。

【記事担当:総務・PR委員会 松宮正和】