「お堀のワークショップ」「誇り溢れる地域を感じるまち歩き」を開催しました。

4月5日(土)6日(日)福井城址において昨年度の誇り溢れる地域づくり委員会(柴田委員長)と今年度 郷土・愛する委員会(勝見委員長)合同の「お堀のワークショップ」「誇り溢れる地域を感じるまち歩き」を開催しました。

DSC_0244DSC_0241

両日ともに事前に申し込みをされた参加者のみなさん、当日受付をされた参加者のみなさん共にまち歩きを満喫されておりました。桜が満開の中、事前予約コースは桜開花基準木、村中甘泉堂(桜餅のおみやげあり)、柴田神社にて語り部の方のガイドを聞き、チーズちゃん(チーズ専門店)等をめぐりました。午後の当日受付のコースでは、天たつにて汐雲丹の試食、堤防の桜、グリフィス像等をめぐりました。当日受付のミニまち歩きコースでは筑波大学の教授が参加され、佐々木副会長がガイドを担当しました。県外の方も参加され福井の魅力を十分に伝えることが出来ました。

FB_IMG_1428275001283FB_IMG_1428274953635

 

 

山里口御門復元工事のため水の抜かれたお堀での「お堀のワークショップ」に関しては、4日約700名、5日は雨のため約200名の参加がありました。語り部さんによるお堀の歴史紹介コーナーでは、みなさん興味深く説明を聞いておりました。笏谷石を知る体験コーナーでは、笏谷石で作るペーパーウェイト作りが行われ、みなさん真剣に作成していました。桜のペン作りコーナーでは、用意していた桜の枝がなくなるほど大盛況で、みなさんとても喜んでいました。

DSC_0239DSC_0242

 

 

 

DSC_0251

 

 

4日は天候にも恵まれ桜も満開の中、多数の参加者がご来場、満開5日は天候に恵まれず、参加者がやや少なめでしたが、安全管理を徹底しケガ人がでず無事に終了できました。また改めて福井の誇りである福井城址のお堀、桜、それらを伝える事の大切さをすごく感じた2日間でした。

協力団体:歴史のみえるまちづくり協会 ふくい笏谷石の会

 

 

 

まち歩き普及セミナーを開催しました。(2015.01.21)

21日(水)18:30より福井商工会議所において、誇り溢れる地域づくり委員会(柴田委員長)が担当する「まち歩き普及セミナー ~地域に愛を・地域に誇りを~」を開催しました。

各地域の宝や魅力を発見し、それらを地元の方に伝えて広め、継承し地域の発展を促す。

また、地域内外への発信方法の一つのツールである、まち歩き開催につなげることを目的として企画いたしました。

まずはまち歩きの意義目的を説明し、次に昨年10月に開催されました合同まち歩き事業を福井YEGと共同開催して思った事や、感じた事を東郷ふるさとおこし協議会(北川様)にお話しいただきました。我が地域の行事に積極的に若い方が参加している事や行事の内容についてお話しいただきました。

DSC_0150

次に地域住民の方に我が地域に誇りを持つ事の大事さをファミリーウォークという形で伝え続けている啓蒙公民館(野路館長様)にお話しいただきました。

実際に活動されているお話や、小学校とタイアップして行っている事はとてもためになる話でした。

DSC_0151

次にこれまでの活動や、各地域の自慢(誇りや宝)を話していただき地元の誇りを再認識していただくためにグループワークを開催しました。

まち歩き開催経験のある団体の方は、開催経験を話していただきまち歩き開催未経験の団体の方には参考になりました。みなさん我が地域の誇りを再確認するグループワークでした。

DSC_0152DSC_0161

アンケート結果を見ますと、歴史散策等を含めまち歩きを今後開催したいと言う団体の方がたくさんおられました。これも参加されたみなさんが、地域の誇りを改めて考え、発表したからではないでしょうか。反省点も多々ありますが、このような声を頂いたことにより一定の成果はあったと考えております。

最後になりますが、参加された皆様、本当にありがとうございました。

誇り溢れる地域づくり委員会 勝見泰久

10704121_784528281624828_4948182364551867795_n10929549_784528211624835_5409951427626333583_n

 

10月度事業 歩くざ福井 まち歩きの日を実施しました

10月11日(土)秋晴れ?の中 10月度事業「歩くざふくい まち歩きの日」を藤田副委員長担当のもと、昨年に引き続き開催しました!

今回は

・地域の若者が地域の魅力を継承しガイドを務める「東郷コース」

・ふく+さん、きちづくり福井さんの協力を得て”親子を中心に駅西の地下と屋上を巡る”「駅西コース」

・福井市との協力で”これからまち歩きを始める、まちあるきをもっと勉強したい方”を対象とした「セミナーコース」の3つにわけて実施しました。

東郷コースでは、ガイド役を地域の若者が中心となり、自分が住む地域について語り部さん等から事前に勉強し、ガイドを行いました。それにより、メインガイド以外の若者もガイド役のKさんをフォローすることで若者同士が地域の魅力を改めて勉強しました。さらに、足りない部分を地域の語り部さんや他の大人たちがフォローガイドするなど地域の皆さんと共に作り上げた内容となりました。

DSC00008 DSC00015 DSC00031DSC00048DSC00105DSC00113

参加者の皆さんからも、「東郷地区の裏道にはこんな神社があるのか!」「若者がメインガイドを務める事が新鮮でまた、地域で協力しあってガイドしている姿がよかった」など満足なご意見を頂けました。

駅西コースでは、親子連れからお年寄りまで13名にご参加頂きました。ふく+さんをスタート地点に設定し、福井西武屋上、繊協ビル地下街、放送会館地下フクイ模型、県営西口地下駐車場、西口再開発現場、加藤ビルアーケード上&屋上を巡り、ふく+に帰ってくるコースでした。

IMG_3810IMG_3816

フクイ模型さんでは参加者全員でミニ四駆を組み立て、タミヤ公認コースでミニ四駆を走らせた他、加藤ビルオーナー加藤さんのご協力でアーケード上を散策、さらに、屋上から駅西再開発現場を見学するなど、まさに、駅西地区の地下と屋上を満喫したコースでした。

IMG_3833IMG_3847 IMG_3856 IMG_3862 IMG_3868

翌日フクイ模型さんを訪れた際、全日の参加者親子が家族総出でフクイ模型さんにミニ四駆を楽しみにいらっしゃる姿も拝見でき、早速のリピート効果も実感できました!

足羽セミナーコースは、福井市との協働で、16名の参加者を対象にまち歩きセミナー及び、YEGメンバーによるお手本コース「足羽地区まち歩き」を行いました。

セミナーの参加者の半分は福井市内公民館の主事さんと、まさにこれからまち歩きをはじめる地域の公民館の方もいらっしゃいました。

DSCF8043

まち歩き自体は、「今昔物語」と題し、古地図と現在の地図を照らし合わせ、地元の「山庄商店さん」「蝋金餅店さん」「愛宕坂」「橘曙覧記念文学館」「西光寺さん」などを巡るという新たな試みにもチャレンジしました。

DSCF8057 DSCF8045 DSCF8072 DSCF8047

まち歩き事業を開始して5年目の本年、地域の若者との恊働や行政との恊働等、新たなチャレンジを行った本事業ですが、どのコースも参加者にご満足いただけたようで良かったと思います。

今回のチャレンジを次のまち歩き事業や福井の観光・情報発信に活かせるよう取り組んで行きます。

本事業にご協力いただきました、東郷地区の皆様、駅西地区の皆様、足羽地区の皆様そして、YEGメンバーの皆様、ありがとうございました。

第61回福井フェニックスまつり に参加して

8月2日(土)に開催された「第61回福井フェニックスまつり~民踊・YOSAKOIイッチョライ~」に、当青年部の自主企画運営で参加し、まつり全体を盛り上げました。
今年は新たな試みとして、子どもが参加できるまつりを目指して『子どもみこし』を企画。市内幼稚園・保育園等にご参加いただき、7基の子どもみこしを繰り出し、約70名の可愛い子どもたちが凛々しくみこしを担ぎ、大人が担ぐ商工みこしとのコラボレーションが実現しました。青年部メンバーもまつり運営の合間をぬって商工みこしを担ぎ、まつり参加者と共に躍動しました。

DSC_0618* DSC_6057

また、昨年に引き続き佐佳枝廼社境内をお借りして、『1000人の子ども風鈴プロジェクト』と銘打って、市内の子どもが祭りをテーマに書いた言葉や絵の短冊が付いた風鈴1000個を設置し、涼と賑わいを演出しました。その他、境内で『YEG縁日』と称し、まつり来場者や風鈴見物の園児ファミリーの滞留・遊びの場として、射的などのアトラクションを実施したり、参道をLEDキャンドルなどでライトアップし、幻想的なBGMで、まつりの賑やかな空間とは異なった情緒的な雰囲気を演出しました。

IMG_1313 IMG_1315

IMG_1316 IMG_1317

IMG_1320 IMG_1321
これまでフェニックスまつりにおいて、青年部の先輩方が提案した「YOSAKOIイッチョライ」等は、市民参加の輪を広げた〝先導力〟となって今に受け継がれています。今回の子どもみこしの企画は、多くの市民が世代を問わず参加しやすいまつりを目指したいとの思いから生まれました。今後も私たち青年部が〝先導力〟を発揮して「市民が参加しやすい夏まつり」「市民の心に刻む夏まつり」を提案し、市民に愛されるまつりにしていきたいと思います。

お堀の灯り事業 開催しました

7月19日(土)に福井城址周辺で開催された「福井城址お堀の灯り」に参画し、当青年部としてエリアの一部を運営しました。この事業は、福井城築城以来の往時を偲ぶとともに空襲や震災で亡くなった人々を鎮魂し、まちづくりの推進を目指す市民ぐるみの事業で今年で4回目を迎えます。過去の開催でも当青年部は、準備作業や当日運営における人員派遣等の協力を行ってきましたが、今回初めて単独で事業エリアの一部を運営し、これまで事業が行われていなかったお堀東側エリアで新たな取組みを展開しました。
その1つが『お堀の灯り語り部』の設置で、地元住民の方に語り部役をお願いし、地域住民や企業をはじめとした来場者に、事業の経緯を含め、実体験に基づいた震災や空襲当時の様子を語り継ぐ事を目的にご紹介頂きました。また、これまで会場を見渡せる見学スポットが無かったため、福井城内堀公園に特別観覧席を設置し、多くの方にライトアップの幻想的な風景を楽しんで頂きました。その他、震災や戦災を経験した方に、次代へ語り継ぎたい願いを短冊に書いて頂き、短冊灯りの製作を依頼し、それを城址公園内の灯りとして設置する等お堀西側エリアとは雰囲気を変えた演出を行いました。
今回、当青年部が参画したことで地域のまちづくり事業の拡充に寄与することができ、また準備を含めた活動の中で地域住民や他団体との関係を構築することができました。この経験や関係を今後の青年部事業に繋げていきたいと思います。

__ 4写真 2写真 3                            記事作成者 誇り溢れる地域(まち)づくり委員会 委員長 柴田光義

旭地区・足羽地区まち歩きをサポート開催しました。

apr25apr26

4月19日(日)旭地区「ぶらり駅東の旅」、足羽地区「幕末福井伝 福井躍動の歴史を歩いて知る」の各まち歩きを昨年度 まち・ひと活性化委員会(久野委員長)と今年度 誇り溢れる地域(まち)づくり委員会(柴田委員長)を中心にサポート開催しました。 10:00より、両コース同時にスタートしました。両コースとも、地域の方に語り部・ガイドを行っていただきました。 駅東地区を巡る「旭コース」では、福井地方気象台の標本桜を見学した他、福井県出身「岡田啓介」内閣総理大臣のご生誕地を巡り、醸造業を見学する等、駅東地区の歴史と商工業を楽しんだコースでした。

apr27 apr28

足羽コースは、由利公正居宅跡を訪れた他、福井藩主が住んだ福井城本丸御殿を移築した建物が現存する「瑞源寺」の見学、丹嚴洞でのお食事の他、「足羽歴史道場」さんによる歴史講座など、足羽地区の歴史に触れるコースでした。

apr29 apr30

今回の春まつり事業を通じで、地域に息吹く歴史・観光資源を地域の方と盛上げ、共に地域の誇りに育てて行く事が僕たちの使命であり、楽しみであると感じた事業でした。皆様のご協力、ありがとうございました!

「お堀の桜船」「福井城址まち歩き」を開催しました。

apr01apr02

4月6日(日)福井城址において昨年度のまち・ひと活性化委員会(久野委員長)と今年度 誇り溢れる地域(まち)づくり委員会(柴田委員長)合同の「お堀の桜船」「福井城址まち歩き」を開催しました。

当日はあいにくの天候にも関わらず、事前にご予約いただいた皆さんに、まち歩きにご参加頂きました。まち歩きでは、福井城趾の説明見学・説明の他、近郊の商工業をまわり、落語を楽しんだりもしました。

apr03 apr04

お堀の桜舟では、お堀の中から桜を見ながら、お堀の歴史に関する説明をYEGメンバーが行いました。また、御廊下橋上では、桜の枝を活用したペン作りのワークショップの他、桜にのせて贈る手紙の展示も行い、春の訪れを楽しみました。

apr05 apr06 apr07 apr08 apr09 apr10