1月度例会まちこたつ会議ふくい4989 〜ふくい・49のまちを知り、まちリンクの花を咲かせよう〜

平成29年1月25日、参加者全員が“ふくいの魅力”を知り“ふくいの未来像”を共有し、福井市内49地区・福井YEG・行政・教育機関などそれぞれの立場でお互いの活動にリンクし、これからの活動にヒントを得て新たな気付きを生み出すことを目的として開催しました。

EA0A9080 EA0A9108 EA0A9114

立場は違えどフラットな語り場にしたいと考え、“こたつ会議”スタイルで気軽に意見交換が出来るような設えを企画しました。

大きい小さいに関わらず、参加者全員がそれぞれの環境で出来得ることがあると気付くことが何より大事なことだと思います。

EA0A9125 EA0A9128 EA0A9129

各地域団体の方々に加えて多くの学生さんにも参加して頂き、様々な立場での活発な意見や発見が交わって、私達YEGメンバーにとっても、リンクの花を咲かせ実を結ぶことへの一歩を踏み出す例会となったのではないかと思います。

EA0A9198

まちキッズふくい事業を開催しました。

まちキッズ05 まちキッズ06 まちキッズ07 まちキッズ08 まちキッズ10

平成28年8月27日、9月3日、9月17日の3回に渡るワークショップと、10月29日のまちキッズふくいを開催しました。
“キャリア教育”と“まちづくり”の視点から新規事業として、人財育成委員会さんとの合同事業で企画運営しました。
小学生の子どもたちを対象に、自分たちが住むまちではなく自分たちが知らないまちの宝を発見し伝えることまでをグループワークで作り上げていく内容で、ヒアリング・フィールドワーク・ワークショップ・ブースの出展まで計4回の日程で実施。子どもたちが自分の力で発見し仲間と協力し、形にしていくという工程はキャリア教育の根幹であり、参加した体験を子どもたちの郷土愛を育むきっかけに繋げることを目指し、両委員会メンバーで構築しました。

 

まちキッズ01 まちキッズ02 まちキッズ03 まちキッズ04 まちキッズ09

当日は計18名の子どもたちと5つの地区に参加して頂くことが出来ました。
多くの課題点を発見出来たこともありますが、何よりも子どもたちの豊かな可能性を間近に感じることが出来たのは、私達YEGメンバーにとって思いがけない大きな実績になったと思います。

第63回福井フェニックスまつり事業に参画しました。

夏祭り01 夏祭り02 夏祭り03 夏祭り04 夏祭り05 夏祭り06

平成28年8月6日土曜日、今年も佐佳枝廼社境内を会場に、3回めとなる「子どもパレード」の運営と、今年度着目した市内49地区への働きかけとして企画した「49王国」を中心に企画運営を行いました。
福井市内各地区のまちの宝や取り組みなどをブース出店・ステージ発表という形で“発信”する「49王国」では、12地区の皆さんに参加して頂き、市内外の方々に知られざる福井のまちの魅力に触れるきっかけを作り、「子どもパレード」では、参加園の先生や保護者の方に実行委員会から参加・ご協力頂くことで、子どもから大人まで “市民参加型”のフェニックス祭りを目指しました。
また、「フェニックスカフェ」では、YEGオリジナルメニューを考案、福井独特の食文化を楽しんでもらいながら伝えることに挑戦しました。
開催当日は、多くの方に来場して頂き、様々な福井の魅力に巡り合う場として運営出来たのではないかと思います。

第31回ふくい春まつりに参画しました。

春祭り01 春祭り02 春祭り03 春祭り04 春祭り05 春祭り06

平成28年4月2日土曜日、福井城址の堀底を会場に、桜男と呼ばれた岩堀貞雄氏の物語をモチーフにした演劇「サクラ男」の上演や、桜の名所をめぐるまち歩き、お堀でカフェ、桜野点、笏谷石ブースなど、春の福井の観光資源・桜を愛でることをテーマに各コンテンツを企画運営させて頂きました。
また、「サクラ男」では市内演劇部の高校生の皆さん、桜野点では順化ジュニアリーダーの皆さんなど次世代の子どもたちとの企画運営は、我々福井YEGメンバーとしても大きな気付きを得ることが出来たのではないかと思います。
開催当日の4月2日は、快晴・桜満開という絶好の日和にも恵まれ、本当に多くの方々にご来場頂くことが出来ました。