県連 第5回役員会に参加しました。

IMG_5229 DSCF7929

26日(火)舞鶴若狭自動車道を経由し、小浜で開催された県連 第5回役員会に会長、山岸監事、森下副会長、高山事務局が参加。福井YEGが主管した三地区研修交流会の報告と天野委員長の平成27年度出向理事立候補の件が無事に可決承認されました。
役員会終了後は、有志での懇親会。各単会からのお知らせでは秋に向けて開催される事業や周年事業に関して。福井からは9月24日(水)に開催する9月度オープン例会もしっかりPR。清水直前会長をはじめ何名か登録いただきました。

教職員向けアントレ・キッズ

市教職員研究大会が7/26(土)に福井県生活学習館 ユーアイ福井で開催され、その中の分科会においてアントレ・キッズが行われました。

普段は小学生5・6年生に行うアントレ・キッズですが、今回は教えるプロの先生方に対してのアントレ・キッズとなりました。 実は昨年も先生方に対して実施して、それが好評だったので今年も声が掛かりました。

今回の講師は3人、天たつの天野準一君、フローネクサスの佐藤宏隆君、中川鉄工の中川知士君でした。まず、会長の挨拶から始まり、続いて清水副委員長のアントレ・キッズの説明がありました。

10505585_689642561113401_1688591477895180991_n

非常に分かりやすく先生方一人一人に伝わっていたように思います。その後、3つの会議室に分かれ、それぞれのアントレ・キッズを行いました。

10393956_689642584446732_5769690918439177323_n10530916_689642601113397_4665395690109014807_n天野委員長

10426264_689642714446719_8164176801530402961_n10551083_689642754446715_8467133916011785624_n佐藤さん

10580270_689642621113395_2840897016284644948_n10537118_689642684446722_8024365757294037671_n中川委員長

終了後にアンケートを書いてもらいました。その中でもっとこうしたほうが子供達に伝わりやすいとか、アドバイスも書かれていたし、自分の学校でもアントレ・キッズをしたいという意見も出てきていました。非常に実りあるアントレ・キッズ事業だったと感じております。

参加された皆様大変ご苦労様でした。ありがとうございましたm(__)m

(キャリアサミット委員会)

お堀の灯り事業 開催しました

7月19日(土)に福井城址周辺で開催された「福井城址お堀の灯り」に参画し、当青年部としてエリアの一部を運営しました。この事業は、福井城築城以来の往時を偲ぶとともに空襲や震災で亡くなった人々を鎮魂し、まちづくりの推進を目指す市民ぐるみの事業で今年で4回目を迎えます。過去の開催でも当青年部は、準備作業や当日運営における人員派遣等の協力を行ってきましたが、今回初めて単独で事業エリアの一部を運営し、これまで事業が行われていなかったお堀東側エリアで新たな取組みを展開しました。
その1つが『お堀の灯り語り部』の設置で、地元住民の方に語り部役をお願いし、地域住民や企業をはじめとした来場者に、事業の経緯を含め、実体験に基づいた震災や空襲当時の様子を語り継ぐ事を目的にご紹介頂きました。また、これまで会場を見渡せる見学スポットが無かったため、福井城内堀公園に特別観覧席を設置し、多くの方にライトアップの幻想的な風景を楽しんで頂きました。その他、震災や戦災を経験した方に、次代へ語り継ぎたい願いを短冊に書いて頂き、短冊灯りの製作を依頼し、それを城址公園内の灯りとして設置する等お堀西側エリアとは雰囲気を変えた演出を行いました。
今回、当青年部が参画したことで地域のまちづくり事業の拡充に寄与することができ、また準備を含めた活動の中で地域住民や他団体との関係を構築することができました。この経験や関係を今後の青年部事業に繋げていきたいと思います。

__ 4写真 2写真 3                            記事作成者 誇り溢れる地域(まち)づくり委員会 委員長 柴田光義