11月度ひとづくり事業 ~コミュニティとYEGを結ぶ人材発掘~ を開催しました

平成30年11月26日(月)、福井商工会議所コンペンションホールにて、11月度ひとづくり事業~コミュニティとYEGを結ぶ人材発掘~を開催いたしました。

本事業は、五十嵐会長が掲げる3つの進化のうち、「コミュニティの進化」を正面から捉えたもので、コミュニティとの協動力を高めることを目的とするものです。

まず、第1部では、福井YEGに所属しつつ他コミュニティで活躍している方3名をパネラーとしたパネルディスカッションを行いました。パネラーは、円山CMB理事長の福田副委員長、ふくい片町青年会副会長の天野副会長、円山小学校PTA会長の吉村君です。コーディネーターは、本事業の担当であり、越前海岸盛り上げ隊にも所属する田中俊之副委員長が務めました。

IMG_6105

田中副委員長の軽快な司会で進行しましたが、やなり皆様熱い想いがあり、話し始めると簡単には止まりません。自身のコミュニティでの活動内容や活動の意義、YEGでの活動がコミュニティ活動にどう影響しているか等、自身の実感をもって話して頂きました。特に、パネラーの方々が、YEGで培った事業を構築する力、書面等を作成する力、異業種の関わり等が他コミュニティで活動する際の大きな糧となっている旨話しておられた点は、正に本事業で参加者の方々に気付いて頂きたいポイントでした。パネラーの皆様、貴重な経験を教示頂き、ありがとうございました。

IMG_6108IMG_6109 IMG_6113 IMG_6114IMG_6115 IMG_6117

続いて第2部は、自分自身のスキルや所属するコミュニティを知り合い、YEG活動が、他コミュニティでの活動においてどう役に立つのか、スキル獲得のためにYEGにおいてどのような活動をすべきか等について、グループ内で話し合って頂きました。

皆様、活発に議論頂き、他メンバーがどういった仕事や活動をしているのか多少なりとも知ることができ、今後、どの様なYEG活動を行い、他コミュニティでの活動に活かしていくか等の意見を出して頂きました。あるグループでも意見がありましたが、YEGに所属して活動すること自体が、他コミュニティの活動に参加するハードルを低くし、多方面で活動する素地となっていると思います。皆様、知らず知らずのうちにYEGとコミュニティを繋ぐハブ人材に成長されているのでしょう。

IMG_6123 IMG_6126 IMG_6125 IMG_6124

最後に、福井YEGのメンバーが製作した「カニ出汁」と、円山CMBの「リゾット米」を組み合わせた「カニ出汁リゾット」を試食し、円山CMBと福井YEGとの新たな協動の一例を体験しました。今回、少し水分等の調整が難しく、リゾット米の、表面が溶けにくい特徴を十分に表現できず課題が残りましたが、味については高評価の意見も多く、今後の参考となりそうです。

IMG_6132 IMG_6131IMG_6134IMG_6135

今回、参加頂いた皆様、誠にありがとうございました。今後も、皆さんのYEG活動に対する意識を向上させる事業を構築していきたいと思います。

ひとづくり委員会一同

記事担当:ひとづくり委員会 清水 孝行

「まちキッズふくい2018 第1回すごいゼ!福井のローカル線」を開催しました

11月25日(日)に、「まちキッズふくい2018 第1回すごいゼ!福井のローカル線」を開催しました。

ㆾㆡ�ㅅㇹ-ㅆㅩㇷ_201

「まちキッズふくい」は、福井の未来を担う子どもたちにこの街の魅力を知ってもらうために、2016年から毎年実施してきました。

今年度はその1回目として、福井のローカル線(えちぜん鉄道)をテーマに開催しました。

参加した子どもたちは21名。私たちが準備した、えちぜん鉄道を使った数々のミッションに挑戦し、ローカル線と、その沿線にある魅力的なスポットを体験してもらいました。
IMG_0115IMG_0118

参加した中には、えちぜん鉄道に乗るのも初めてという子どもたちも多いなか、タブレットの地図を駆使しながら、様々なスポットを探索。田んぼの真ん中にある「おこり神様」や神社の中のストーンサークルのようなものなど、大人も知らなかった福井の一面を体験していきました。
IMG_0113IMG_0118

最後に、どんなスポットにいったかをまとめ、その中でお気に入りの写真を1枚選んで発表してもらいました。1枚だけで無く2枚、3枚ともっと紹介したいと言う子どもたちもおり、子どもたちにとって新しい発見や楽しみがたくさんあった「まちキッズふくい」になったようです。

今回の気づきが、さらに自分たちの街を知りたいと思う探究心や地元に対する興味関心に繋がっていくことを願っています。

さて、「まちキッズふくい2018」は2019年1月27日(日)に2回目を開催します。

今度のテーマは「食」。福井の郷土料理を体験することで、福井の食の魅力を体験してもらいます。

参加を希望される方は福井商工会議所青年部事務局までお問い合わせ下さい。

↓申し込みフォームはこちら↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfhroLLvpUfS0aeE3acn_o-JM9Sxl4CFY6XCm-VbG_8pl_vFg/viewform

 

【記事担当:地域とYEGはひとつ委員会 佐藤 宏隆】

青年友好4団体交流事業「福井版故郷の風交流会」に参加しました

12月1日(土)福井繊協ビルにおいて、福井県青年友好4団体「福井版故郷の風交流会」が開催され、参加しました。

福井県青年友好4団体とは、「福井県を活性化したい」という同じ目標を持った県内の青年4団体(※)がネットワーク体制を構築し、情報共有や意見交換を通じて地域の活性化を図るため、平成28年9月12日に協定を締結して設立しました。

※4団体とは以下の組織
・福井県商工会議所青年部連合会
・福井県商工会青年部連合会
・福井県中小企業団体青年中央会
・日本青年会議所北陸信越地区福井ブロック協議会

事務局持ち回りで毎年開催している4団体交流事業について、今年は県連YEGが主管ということから、日本YEGの事業である「故郷の風会議(※)」を参考に「福井県版故郷の風交流会」が開催されました。
※「故郷の風会議」とは、若手国家公務員と日本商工会議所青年部会員が、官民の壁を越えて日本や地域の課題と活性化について意見交換を行う事業。

福井YEGからは6名が参加。友好4団体会員と国家公務員、地方公務員の方々、総勢約90名が、「雇用問題、外国人労働者受け入れ」「地域振興の観光」「キャリア教育」などのテーマに別れてディスカッションと発表を行いました。
*開会後は写真撮影禁止のため、開会前にパチリ
IMG_5093
IMG_5091

若手経済人が公務員の方々とディスカッションする機会は少ないため、皆さん日頃感じている疑問や提案をぶつけて、白熱した議論が各テーブルで行われていました。

会議終了後はそのまま懇親会が開催されましたが、会議での議論が足りなかったのか、皆さん肩肘張らないながらも引き続き熱い議論をされていました。

公務員の方に聞くと「会議よりもこういった交流会の場の方が本音を聞けるので楽しみだ」「経済の現場で活躍する若手経営者との意見交換の機会は公務員もなかなか持てないので、風会議は貴重な学びの場になる」との声が聞こえてきました。

青年経済人と公務員の方々は、立場は違えども地域振興や経済の活性化といった同じ目標を持つもの同士、分かり合える部分が多いのだなと会場にいて肌で感じました。

今後も福井YEGにおいて、行政との意見交換をぜひ密にしていきましょう!

 

【記事担当:福井YEG 事務局 藤原卓也】