1月度例会~過去を慕い、今を発展させ、未来に繋げよう!~を開催しました

2019年1月30日(水)、福井商工会議所コンベンションホールにて、
1月度例会 ~過去を慕い、今を発展させ、未来に繋げよう!~ を開催いたしました。

本例会は平成30年度のひとづくり委員会が担当する最後の例会で、五十嵐会長のスローガン・基本方針にある「YEGism」の継承と今後の福井YEGをみんなで考える例会です。

2019年度で45周年を迎える福井YEG。まず清水委員長が趣旨説明をしました。福井YEGの素晴らしさを知る第一歩として、45年の歴史の流れ・これまでの主な実績を知ることができ、多くの先輩方の努力という土台の上に、今の私たち・今日の福井YEGがあることに改めて気付かされました。

01 清水委員長
02 主な実績<表> 03 主な実績<裏>

そして今回の例会には福井県のトップである福井県知事 西川一誠 様 が、ご公務でお忙しい中ご臨席くださいました。

04 西川知事<挨拶>

【第1部】では、トップの視点から「YEGism」を考えるということで、福井YEGの会長経験者6名と西川知事に登壇していただき、トップとしての視点・考え方を話していただきました。

05 髙木・菊・森下 06 山岸・北出・五十嵐 07 西川知事<第1部>

限られた時間の中で、それぞれにあふれ出る熱い思いを聞くことができました。その中で共通していたキーワードは“地域社会”。福井YEGや自社企業にとどまらず、「どう地域に貢献していくか」をトップとして真剣に考えていました。

「目先の仕事や事業にとらわれないで、30年・50年先のこどもや孫の次世代に目を向けてほしい」

この西川知事の言葉が特に印象に残りました。まさに我々青年経済人が今よりも、よりよい社会へと発展させ、未来に繋げていかなければならないと感じました。

【第2部】は事前に配布していたシートをもとに、自分がトップに立って、今後の福井YEGをどうしていきたいかを考えるグループディスカッション。

同世代でグループを組み、西川知事もテーブルに加わり、活発にそれぞれの思いを交わしました。

08 ディスカッション 09 ディスカッション 10 増田 悠二 11 仲野 勲

【第3部】として、それぞれの思いを発表。

12 榊原 13 小寺 14 太田 15 清水

参加者の価値観や潜在している福井YEGへの思いを知ることができ、相互にイイ刺激になったと思います。漠然としていた思いが志として明確になり、行動に移すヒントを得られたのではないでしょうか。

最後に西川知事より、福井YEGの例会ご参加いただいた感想を頂戴し、朝田次年度会長より謝辞を述べさせていただきました。
福井県との関係性がこれまで以上に太く、深いものになったと強く感じました。

16 西川知事<講評> 17 謝辞

朝田次年度会長のスローガンは「Be a Leader!!」。私たち福井YEGは、次代への先導者となれるよう「YEGism」を継承し、これからも同じ方向を向いて「進化」していきます!

【記事担当:ひとづくり委員会 齊藤 孝大】