2月度例会「福井YEG轍~WADACHI~ism ~キャリア教育事業の進化の種づくり~」を開催しました

平成31年2月27日に福井商工会議所地下コンベンションホールにて2月度例会「福井YEG轍~WADACHI~ism ~キャリア教育事業の進化の種づくり~」を開催しました。

DSCN5706

 

本例会では全会員で進化の種を考えていただきました。

あじさい会から宮本先輩も参加して頂き、第33代宮本歴代会長から次年度朝田会長までの歴代会長にも1つグループになり、進化の種を考えていただきました。次年度以降に繋がる例会になったと思っております。

DSCN5754

 

まず始めに、新しい種を作る為には、キャリア教育事業の合理化を図る提案を山村委員長からさせて頂きました。えきまえアントレ・キッズやインターンシップ事業と例会が多忙でなかなか検証できなかったが、合理化を図ることにより、事業も濃いものになり検証していくことができるようになる提案をさせて頂きました。

DSCN5723

 

次に、キャリア教育も福井YEGも継承が大切で、キャリア教育アワード大賞を取った宮本歴代会長からの「歴代会長から福井YEG理念の継承とキャリア教育事業の繋がり」をムービーにて上映し、歴代会長の思いや継承を感じていただきました。

DSCN5725

 

そして、キャリア教育コーディネーターの翁長氏に「キャリア教育継続活動の大切さ必要性」「キャリア教育継続事業の効果事例」をお話しして頂き、新しい種の参考にしてもらいながら、そのままファシリテーターとしてグループワークに移りました。グループワークでは青年経済人として考え新しい種を見つけ出してもらいました。

DSCN5728

DSCN5747 DSCN5748 DSCN5749

最後にグループごとの発表では様々な種を頂きました。

DSCN5795 DSCN5819

 

今回頂いた9つの種を次年度以降に繋げていきたいと思います。

【記事担当:轍~WADACHI~委員会 見谷純次】

福井YEGで大学生のインターンシップを開催しました!

2018年9月3日(月)より5日間、福井県経営者協会主催の「福井県インターンシップ」に、福井YEGも大学生に対するキャリア教育としてインターンシップに参加しました。

集合写真2

昨年に続き2回目の受け入れとなる今年度は「総合建築業界が分かるコース」、「イベント業界が分かるコース」、「企業コンサルティング業界が分かるコース」の3コースに県内外からの大学生が7名が参加してくれました。

 

「総合建築業界が分かるコース」では、展示場や建築現場に実際に赴き研修を行いました。

image1

「イベント業界が分かるコース」では、広告制作の現場やイベント会場設営現場を見学したり、ワークショップとして、「住宅展示場のイベント企画」をテーマに企画書作成業務などを行っていただきました。

【福井新聞PRセンター】2018.9インターンシップIMG_0160

「企業コンサルティング業界が分かるコース」では、弁護士、社会保険労務士、会計士といった士業メンバーが担当。

法律(弁護士)事務所では、仕事の説明と職業体験としてパラリーガル体験をしていただきました。

IMG_4317

また、社労士・コンサルティングの仕事として労働基準監督署に同行したり、給与計算したり、就業規則の考え方を学んだりしました。

IMG_0816

 

5日間のインターンシップの最終日は、福井商工会議所に集まって、「インターンシップ学生発表会&懇談会」を開催。

まずは、福井YEGの五十嵐会長による会長挨拶。

会長挨拶

次に、インターンシップ学生による発表を行いました。ここでは、参加していただいた学生全員に1人ずつ、1週間のインターンシップの振り返りと、それを踏まえた将来のキャリアビジョンを発表してもらいました。

 

 学生発表2 学生発表1 

発表の内容は学生11人が非常に個性的で、かつ面白い内容でありました。また、1週間のインターンシップの体験が出来て非常によかったという感想が多く、YEG会員として、事業の意義の大きさを感じることが出来ました。

 加えて、インターンシップ受入企業にも、インターンシップの感想を述べてもらいました。「会社のスタッフに対して刺激になった」、「自分の仕事を見つめ直すきっかけになった」等の好意的な感想を述べてもらいました。

その後、福井YEGとインターンシップ学生による懇談会を実施しました。若手青年経済人と学生で、インターンシップの感想や、就職活動等さまざまなことについて気軽に意見交換をすることができました。

懇談会1 

最後に、全員で集合写真を撮影して閉会。

集合写真1 

参加していただいた学生の皆様、1周間お疲れ様でした。ぜひ今回の経験を自分の就職活動や働き方に活かしていっていただけたらと思います。  

 

≪インターンシップ参加企業≫

「総合建築業界が分かるコース」

・株式会社サンテンコーポレーション・石橋建材株式会社・積水ハウス株式会社

 

「イベント業界が分かるコース」

・株式会社ドゥーガブレインズ・株式会社クレドワークス・株式会社福井新聞PRセンター

 

「企業コンサルティング業界が分かるコース」

・北出経営労務事務所・安田会計事務所・弁護士法人ふくい総合法律事務所

 

【記事担当:総務・PR委員会 小寺洋太郎】

「えきまえアントレ・キッズ2018」を開催しました!

平成30年8月18日(土)福井駅前商店街にて、「えきまえアントレ・キッズ2018」を開催しました。

えきまえアントレ ポスター 全体

11回目を迎える今回は、小学5、6年生、約100名にご参加いただきました。

駅前にある実際のお店20店舗で下記6分野に分けお仕事体験していただき、子ども達が仕事の意義ややりがいを学びました。

①いろいろなものを売ってみよう

かがみや4かがみや2

②サービス業で働いてみよう

ユアーズ ユアーズ2 ユアーズ3

③美と健康のお仕事を体験

momo2 momo

④たべもの屋さんで働いてみよう

村中3 村中

⑤マスコミのお仕事を体験

福井テレビ5 福井テレビ4 福井テレビ2

⑥交通のお仕事を体験

えちぜん鉄道3 えちぜん鉄道2 えちぜん鉄道

子供たちは初めてのお仕事体験に最初はとまどっていましたが、最後には楽しんで体験していました。楽しかった、また来年も参加したいとの声も多くいただくことが出来ました。

協力店舗(50音順)

・えちぜん鉄道・FBCラジオ・かがみや福井駅前店・心とからだのプレミアムルームCanade・su_mu・西武福井店・手作り雑貨店mamas・東横イン福井駅前・日刊県民福井・福井新聞社・福井テレビ・Vesta・星みっつ・村中甘泉堂・momo駅前本店・ユアーズホテルフクイ・(YEG企業)・(株)インフォライブ・奥田不動産鑑定所・(株)三栄商会・(株)山岸和紙店

【記事担当:総務・PR委員会 上田敬士】

5月度例会「福井YEG 轍~WADACHI~の始まり」を開催致しました。

5月23日(水)に福井商工会議所ビル コンベンションホールにて5月度例会「福井YEG 轍~WADACHI~の始まり」が開催されました。

今回は、沖縄県よりキャリア教育コーディネーターの 翁長 有希 氏 と福井市教育委員会教育指導課主事 冨島 修司 氏 をお招きしてキャリア教育の現状や今後の関わり方のお話しをしていただきました。

担当副委員長の 見谷 純次 君 より趣旨説明をいただき、過去の福井YEGキャリア教育ムービーを上映致しました。

IMG_3652

S__52109364S__52109365

アントレ・キッズがスタートした頃のエピソードや先輩方の実践の現場、文部科学大臣賞を受賞した映像には、皆さん真剣な顔つきで見ていました。

その後、冨島氏によるご講演がありました。

S__52052009

過去には冨島氏のお子様も、アントレ・キッズに参加されたことがあるそうです。

社会に開かれた教育課程、地域に根差す学びの一貫性、地域や企業との繋がりを重視した教育をテーマにお話しいただきました。

続きまして、翁長氏より「キャリア教育の現状」をテーマにご講話いただきました。

S__52052006IMG_3662IMG_3663IMG_3665

なんと、小学1年生の子供達にも、キャリア教育をされているそうです。

講話を聞き、キャリア教育というと職業紹介や職場体験のイメージがありましたが、子供達の発達段階に合わせて成長を促すための一つの方法であり、教科や教育との連携が非常に大切なんだと感じました。

その後、各グループによるグループディスカッションがあり、感想や今後のキャリア教育の方向性を話し合っていただきました。各グループともに非常に活発な意見が交換され、最後に発表が行われました。

S__52052001

皆さん、キャリア教育事業についてより理解を深められたようで

「キャリア教育の委員会を中心に、すべての委員会でキャリア教育について携わっていけるのではないか」

「より一層、教育、学校との連携を深めることで、学校での勉強の意味付けも高まるのではないか」

「キャリア教育を通して魅力的な人材を育成することで福井の魅力がアップし、それが県外からの多くの人材のUターンもしくはIターンにつながるのではないか」

等々の熱のこもった発表がありました。

IMG_3669

(私も発表しました!!)

発表後、翁長氏による総評として、沖縄でのキャリア教育事業の実例のご紹介がありました。

S__52051999IMG_3670

副会長 天野 準一君 による謝辞があり、ゲストのお二人はご退場されました。

S__52051998

続いて、新入会員紹介です。

五十嵐会長よりバッジの授与、そして記念撮影が有りました。

「南部あゆむ さん」

S__52109362

「堀江成禎 さん」

S__52109363

これから一緒に青年経済人として、福井を盛り上げていきましょう!!

以上が平成30年5月23日、5月度例会になります。

すごいぞ福井!!

すごいぜYEG!!

【記事担当:総務・PR委員会 大平泰弘】

 

1月例会を開催しました

平成30年1月27日(土)14:15より、1月例会を福井商工会議所コンベンションホールにて開催しました。

今回は、10月から取り組んできた「まちキッズふくい2017」で制作した「ふくい宝人」A5版34ページの冊子の出版披露会と、その「まちキッズふくい2017」に参加いただいた子ども達、宝人を交えて「まちづくりはひとづくり」座談会をしました。

まずは、出版披露会

EA0A6553EA0A6584

子ども達へは、記念品贈呈。宝人の皆さまには感謝状をお渡ししました。ちょっと照れたような嬉しそうな子ども達の表情が印象的でした。

後半は、子ども達、宝人と一緒に座談会です

まちキッズふくい2017では、各地域で活躍する宝人を取材できたのが24名でした。そこで、周りにいる25人目の宝人を探そうをテーマにしました。

EA0A6602EA0A6614

宝人のテーブルでは、お互いの活動の話や情報交換ができました。

写真ではわかりませんが、福井元気が出る委員会の坂口副会長、佐々木副委員長の二人が各テーブルを回り、軽快なトークで会場を盛り上げる楽しい座談会となりました。

最後に、記念写真を撮影しました

EA0A6666

マスコミの取材が4社も入り、注目度が高かった「まちキッズふくい2017」は完結しました。完成した「ふくい宝人」は、2月中をめどに福井市内の小学校、公民館、図書館に寄贈します。

福井YEGメンバー全員が、宝人になるよう願います

ありがとうございました。

 

 

8月度例会「えきまえアントレ・キッズ」を開催しました。

8月19日福井駅前商店街でえきまえアントレ・キッズを開催しました。

チラシ表 チラシ裏

今年で10回目を迎える今回は、これまでを確認できるパネル展示や5年後の自分への/子どもへの手紙など新たな試みを実施しました。

パネル

5年後の手紙は、参加した子供たちが就職や進学を考えるタイミングに、当時のえきまえアントレ・キッズで自分がどう感じたのか、お父さん・お母さんはどのようなことを思っていたのかを伝えたいと思い企画しました。

 

今年は駅前にある実際のお店33店舗で子ども達が仕事の意義ややりがいを学びました。

体験1 体験5 体験4 体験3 体験2

写真をご覧いただけると分かる通り、子ども達は皆イキイキとした表情で体験を楽しんでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えきまえアントレ・キッズ2015を開催しました。

8月22日(土)に今年で8回目を迎える「えきまえアントレ・キッズ」を開催いたしました。

まちづくり福井株式会社さま主催、福井商工会議所青年部共催による、福井駅前周辺の実店舗において、小学校5・6年生の児童たちに就業体験を通じて、働く意義を知り、仕事への夢をもってもらい、また中心市街地への親しみと新たな発見を目的とした事業です。

えきまえアントレ・キッズ チラシ DSC_0112

今年は、過去最大規模の企業店舗数40店舗、親子数約200組が参加し、午前と午後の2部にわたり開催されました。

そして、昨年に引き続き学生さんのボランティアスタッフを募集し、25名もの方に参加・協力いただきました。ボランティアとして運営に携わりながら、共に行動する事で実際の就業体験を見聞きすることができて、キャリア教育に触れられる、とても有意義なボランティアだと参加者にも好評でした。

ボランティア IMG_7600

開校式からのスタートです。

ここでも、受付への誘導など、青年部メンバーのサポートのもと、ボランティアスタッフが活躍してくれました。とても積極的に協力・行動していて、感動してしまいました。

 

開校式では、あいさつなど体験先でのマナーを学び、いざ各体験場所へと移動します。

IMG_7611マナー講座

 

各体験先店舗では、たくさんの笑顔が見られました。

分野2ユアーズ分野6福井鉄道分野5福井テレビCIMG1498分野7G.cookIMG_7657分野1土谷

体験終了後には、認定証を授与します。

最初は緊張していた児童たちが、お仕事の話を真剣に聞き、楽しく笑顔で体験している姿は、とても嬉しいものでした。本当に良い経験になったのではないかと思います。

今年も、無事にトラブルも無く成功で終えることができ、「参加してよかった」「また来年も来たい」といったお声を多数いただきました。

このえきまえアントレ・キッズの開催に何度も打ち合わせを重ね尽力して頂いた、まちづくり福井さんと参加企業店舗の方々。当日の運営を支えて頂いた学生ボランティアの皆さんと福井YEGメンバー。そして、当日に至るまでたくさんの議論を重ね、準備に奔走してくれた当YEGのキャリア教育推進委員会のメンバーの皆様のご尽力に、心より感謝いたします。
ありがとうございました!

キャリア教育推進委員会委員長 吉村哲一

5月度例会を開催しました。

「キャリア教育×アントレ・キッズ」

5月27日(水)19:00から5月度例会~深化・芯化・進化、みんなの成長でキャリア教育の未来へ~が、福井商工会議所ビル 地下1階 コンベンションホールにてキャリア教育推進委員会担当のもと開催されました。

我々YEGが行っているアントレ・キッズとこれからのキャリア教育をどうマッチングさせていくのか、その方向性と認識を統一していただこうという例会でした。
福井県連より、宇野会長をはじめ未来ビジョン委員会の方々にも多数ご参加いただきました。

そもそもアントレ・キッズって?という新入会員も多くなり、また会員全体の足並みを揃える意味でも今一度、アントレ・キッズとはどういうものかをわかりやすく説明するために、当委員会の村上副委員長のプレゼンをみていただきました。

DSCF8981

その後、まずアントレ・キッズがどのように誕生し、どのような歴史を積んできたのかを、創始者でもある清川先輩と福井県で唯一のキャリア教育コーディネータでもある菊直前会長から、吉村委員長がコーディネータを務めお話を伺いました。
DSCF8984

最初は単純なもので、皆難しく考えすぎ!最初から完璧なものは作れず、やりながら改善や理解を深めていった。元々は自社社員に誇りを持って仕事してもらうため創めたに過ぎない。
「難しく考えず、まず大人が誇りを持って仕事している姿を、子供に見せればいい!格好いい大人の姿を見せろ!」

心に響きましたね。今後どのようにアントレ・キッズ、福井のキャリア教育が進化していくか非常に楽しみになりました。

続いては、アントレ・キッズ4業種4社(サービス業、士業、製造業、科学)のデモンストレーションを行いました。
DSCF8986(有)中川鉄工 中川知士くん【製造業】DSCF8992 ㈱ウエマツ 上松悦志くん【染色業】 DSCF8989福井キャノン事務機㈱ 丸木治男さん【情報機器販売・サポート】
DSCF8995清水法律事務所 弁護士 清水孝行くん【弁護士業】

どのようにアントレ・キッズを行っているのか、何に気を使い、どういう工夫をしているのか、ベテランらしくコツを詳しく教えてくれました。

その後、当委員会の藤田副委員長よりこれまでアントレ・キッズに参加する前と、参加した後での心境の変化を本音で語っていただきました。ストレートに伝える想いは皆さんの心にも響いたと思います。

 

続いて、3団体(福井経済同友会、公益法人福井青年会議所、福井商工会議所青年部)による福井県へ提出した提言書について、前年度キャリア教育委員会の副会長でもあり、キャリア教育フォーラム2014の実行委員長を務めた北出くんに提言書とは?という説明をしていただきました。

 

その後、県連からも未来ビジョン宣言について今年度県連会長である宇野会長より御説明をしていただきました。
DSCF9003

 

福井YEG会員全員で福井のキャリアキ教育を考える。とても素晴らしい例会を開催できたと思います。

今後、どのようにキャリア教育、アントレ・キッズ、会員自身が成長、進化していくのか非常に楽しみになりました。

(キャリア教育推進委員会 担当副委員長 澤田拓也)

アントレ・キッズ in 鶉小学校

11月13日(木)に鶉小学校でアントレ・キッズが開催されました。

36名の6年生を対象にYEG企業からは4名の企業講師で行いました。

①丸木 治男氏(㈱福井キヤノン事務機)

②坂口 雄介氏(㈱サンテン・コーポレーション)

③佐々木 俊一氏(㈱クリーニング白洋舎)

④中川 知士氏(㈲中川鉄工)

4人の講師は何回かアントレ・キッズの講師を経験され、非常に頼もしく思えた授業内容だったかと思います。子ども達のハートをすぐに奪い、各人のペースに引き込ませ、子ども達を引きつかせていました。

__ 2

__ 1

__ 4

__ 3

福井で誇りを持って仕事している我々が、熱く真剣に語ることにより、福井の大人達、企業、地域を好きになってくれる子供達が増えてくるのだと信じています。 だからこそアントレ・キッズが各地域で必要になってきます。

今後もアントレ・キッズは続いていきます(^O^)/

鶉小学校のみなさん、ありがとうございましたm(__)m

(キャリアサミット委員会)

ふくいキャリア教育フォーラム2014開催

11月8日(土)に、福井県立大学を会場として『ふくいキャリア教育フォーラム2014』を開催しました。

DSCF8084

当フォーラムは、平成23年から毎年開催され、福井県内でキャリア教育に取り組む団体等(福井商工会議所青年部、(公社)福井青年会議所、福井経済同友会、福井市PTA連合会、(公社)福井法人会、福井県経営者協会、福井市教育委員会)で実行委員会を組織し、先進的に活動している経済界と行政及び教育機関、そして保護者団体等との協働によるさらなるキャリア教育の推進に向けて議論や情報発信を行っています。

4回目を迎える今回は、もっとキャリア教育を知ってもらいたい、もっと広げていきたいという強い思いで企画してきました。基調講演を始め、各団体が取り組むキャリア教育プログラムの「発表・実演」を新たに加え、参加者にキャリア教育の現場を直接見て感じてもらい、その後、ディスカッションで今後のふくいのキャリア教育について話合う企画となりました。

当日は、企業経営者、教職員、保護者等約200名にご参加いただき、非常に内容の濃いフォーラムとなりました。福井県立春江工業高校教諭の川村忠義野球部監督による基調講演では、当校を甲子園出場に導いた教育手法等についてお話いただきました。生徒の中から複数のリーダーを発掘し、そのやる気を引き出す日々のコミュニケーションにより、リーダーを中心とした自主的な活動に結び付けている点は、経営者目線での取り組みでもあり、組織を動かす手法として大変参考になりました。個人的な意見ですが、本当に面白く、楽しく、1時間半という時間を忘れてしまうぐらい、素晴らしい特別講演だったと思います。

DSCF8103

また、各団体のキャリア教育プログラムの実演では、参加した子供たちが仕事の現場を実体験して感動し、その様子を見学していた参加者も体験プログラムの内容について感心していた様子でした。

20141108_142802_336

エンゼルキャラバン(福井県児童科学館)

20141108_143506_653

アントレ・キッズ(福井商工会議所)

20141108_143352_704

地域(まち)の担い手づくりプログラム(福井青年会議所)

20141108_142430_688

スーパーグローバルハイスクール(福井経済同友会)

最後の円卓ディスカッション「キャリア教育サミットVol.1」では、実行委員会メンバーの経済団体や国、福井県、福井市の教育行政関係者、他地域でキャリア教育を推進している団体が、幼児からの一貫した『ふくい型キャリア教育プログラム』の構築に向けて何をすべきかを議論しました。その中の文部科学省の長田徹氏(初等中等教育局教科調査官)による青森や仙台の先進事例を交えたキャリア教育の取り組み紹介は、私たちの今後の活動の参考になるものでした。また、沖縄でキャリア教育に取り組む沖縄キャリア教育支援ネットワークオーシャン21代表の翁長有希氏は、「福井における個々のキャリア教育の取り組みはレベルが高く、それを生かしていくためにも、個々の取り組みを繋ぐグランドデザインを描ける組織が必要」と指摘しました。

20141108_150743_410

20141108_155326_124

翁長氏がおしゃっていました。「関係者がお互いの理解をより深めることが『ふくい型キャリア教育プログラム』構築の近道」だと。 これは今後の我々にとって非常に大きなヒントになているのだと感じました。

今回のフォーラムは通過点にしか過ぎません。これからがもっと大変になってくるのだと感じております。「ふくい型キャリア教育プログラム」を実現するために、もっともっと突っ走っていく必要があります。決して他人事ではありません。大人一人一人が真剣に考える時です。「地方創生」に向け、明るいふくいを描きながらキャリア教育をもっと推進していきましょう。

「YA!ROSSA! キャリア教育」

(キャリアサミット委員会)